(最終更新日:2022-07-01 04:55:06.360618)
  カンダ アキラ   KANDA AKIRA
  神田 晃
   所属   関西医科大学  附属病院臨床検査医学センター
   職種   教授
■ 専門領域
耳鼻咽喉科学、免疫・アレルギー学 (好酸球研究)、臨床検査医学
■ 職歴(略歴)
1. 1994/06~1995/03 関西医科大学附属病院 研修医
2. 2004/04~2006/03 秋田大学医学部 助手
3. 2004/10~2009/12 INSERM U547 PhD fellowship
4. 2011/04~2012/08 関西医科大学病理学第一講座 講師
5. 2012/09~ 関西医科大学耳鼻咽喉科学講座 講師
■ 所属学会等
1. 日本アレルギー学会
2004 ∟ 専門医
2015 ∟ 指導医
2. 日本耳鼻咽喉科学会
1999 ∟ 専門医
全件表示(13件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  CX3CL1 (fractalkine) and its receptor CX3CR1 regulate atopic dermatitis by controlling effector T cell retention in inflamed skin. 2014/06
2. その他  好酸球 好酸球性副鼻腔炎における術前後上下気道評価について 2013/09
3. 総説  免疫アレルギー学の最前線 好酸球増多を伴う気道炎症とIFN-γによるTh1/Th2制御 2012/10
4. 原著(症例報告除く)  Langerin+ dendritic cells are responsible for LPS-induced reactivation of allergen-specific Th2 responses in post-asthmatic mice. 2011/03
5. 原著(症例報告除く)  Allergic Lung Inflammation is Mediated by Soluble TNF and Attenuated by Dominant-negative TNF Biologics. 2011/02
全件表示(42件)
■ 著書
1. 部分執筆  What’s new about eosinophil activation in asthma and allergic disease, Allergy Frontiers: From Epigenetics to Future Perspectives 2009
2. 部分執筆  アルサス反応、即時型アレルギー、トロンボキサン、粘膜型マスト細胞、マスト細胞、リポキシゲナーゼ「分子生物学・免疫学キーワード辞典」 2003
■ 学会発表
1. Eosinophil-derived IFN gamma induced airway hyperresponsiveness (AHR) and lung inflammation in the absence of lymphocytes (口頭発表,一般) 2009/07
2. Breast milk–mediated transfer of an antigen induces tolerance and protection from allergic asthma (口頭発表,特別・招待講演等) 2009/06
3. Breast milk–mediated transfer of an antigen induces tolerance and protection from allergic asthma: allergic mothers do better. (口頭発表,一般) 2009/05
4. Breast milk–mediated transfer of an antigen induces tolerance and protection from allergic asthma: allergic mothers do better. (口頭発表,一般) 2009/03
5. Breatsfeeding mediated transfer of an antigen protects from asthma (口頭発表,特別・招待講演等) 2008/10
全件表示(22件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2011~2014  【科学技術振興機構研究費】基盤研究(C)『腸幹細胞動員における神経系シグナルの関与の検討:幹細胞分化可視化マウスを用いて』(研究分担者) 
2. 2012~2013  【科学技術振興機構研究費】『骨髄移植細胞と胸腺上皮細胞間のCell fusionと免疫寛容』(研究代表者) 
3. 2014~  【厚生労働科学研究費】『重症好酸球性副鼻腔炎に対する新しい治療戦略』(研究分担者) 
4. 2015/04~  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『One airway, one diseaseの機序解明と新しい治療戦略』(研究代表者)4,680,000円 
5. 2017~2019  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『再生胸腺微小環境によるT細胞誘導と治療への応用』(研究分担者) 
■ 受賞履歴
1. 2013/06 The EAACI-WAO Congress 2013 Abstract Prize (EAACI 2013 in Milano)
2. 2014/05 丹家雛子賞
3. 2015 日本アレルギー協会 真鍋奨学助成
4. 2015/05 北西壽子賞
5. 2015/10 日本鼻科学会賞
■ 研究の専門分野
免疫・アレルギー学, 細胞生物学, 分子生物学 
■ 医療上の専門領域
耳鼻咽喉科、臨床検査医学、アレルギー