関西医科大学 教員情報   
           
  カリヤ シユウジ
  狩谷 秀治   (KARIYA SHUJI)   医学部   放射線科学講座   准教授
■ 資格・免許
  医師  博士(医学) 
■ 専門領域
  インターベンショナル・ラジオロジー
■ ホームページ URL
  http://www3.kmu.ac.jp/radiol/hirakata_ivr.html
■ 学歴(略歴)
1. 1994/03 関西医科大学 医学部卒業
■ 職歴(略歴)
1. 2003/08 関西医科大学附属病院 助手(定員外)
2. 2003/11 関西医科大学 医学部 放射線科学講座 助手
3. 2007/04 関西医科大学 医学部 放射線科学講座 助教
4. 2009/01 関西医科大学 医学部 放射線科学講座 講師
5. 2015/03 関西医科大学 医学部 放射線科学講座 准教授
■ 所属学会等
1. 日本医学放射線学会
2001 放射線科診断専門医
2. 日本インターベンショナルラジオロジー学会
2009 IVR専門医
2011~2013 代議員
2014~ 代議員
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著  Intranodal lymphangiogram: technical aspects and findings.  Cardiovascular and interventional radiology  37(6):1606-1610  2014/12
2. 総説  がん患者におけるCVポートと緩和IVR がん患者に対する緩和IVRにおける中心静脈アクセス  Rad Fan  12(11):9-11  2014/09
3. 原著  Radiation dose of nurses during IR procedures: a controlled trial evaluating operator alerts before nursing tasks.  Journal of vascular and interventional radiology : JVIR  25(8):1195-1199  2014/08
4. 総説  椎体圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術(Percutaneous Vertebroplasty:PVP)  映像情報Medical  46(8):745-749  2014/08
5. 原著  Comparison of Tc-99m GSA scintigraphy and CT volumetry for evaluation in portal vein embolization.  Minimally invasive therapy & allied technologies  23(4):241-246  2014/08
6. 原著  Portopulmonary venous anastomosis in balloon-occluded retrograde transvenous obliteration for the treatment of gastric varices.  Journal of gastroenterology and hepatology  29(7):1522-1527  2014/07
7. 総説  痒いところまで手がとどくCVポートキットDewX  Rad Fan  12(9):55-58  2014/07
8. 原著  Direct puncture embolization using N-butyl cyanoacrylate for a hepatic artery pseudoaneurysm.  Minimally invasive therapy & allied technologies  23(2):110-114  2014/03
9. 原著  Intra-arterial infusion of thrombin: Animal experiments.  Minimally invasive therapy & allied technologies  23(1):52-54  2014/01
10. 原著  Re: CO2 microbubble contrast enhancement in x-ray angiography. A reply.  Clinical radiology  68(11):1180  2013/07
全件表示
■ 著書
1. その他  angioplasty & stenting-基礎 13 メタリックステント(metallic stent : self-expandable, balloon-expandable) 腎動脈狭窄/鎖骨下静脈狭窄「画像診断 Key Words Index 2 IVRのキーワード175」  2003/12
2. その他  non-vascular intervention 17 気管・気管支ステント(tracheobronchial stenting) 扁平上皮癌「画像診断 Key Words Index 2 IVRのキーワード175」  2003/12
3. その他  Early experiences with HDR brachytherapy for lung cancer using a microselectron., Bronchology and Bronchoesophagology : State of the Art.  2001
4. その他  Ⅱ章 IVRの実際 11.大動脈 a.血管形成術 2.上大静脈症候群「IVRの技法」  2002
5. その他  Ⅱ章 IVRの実際 1.頭頚部・脊髄 a.動脈塞栓術 2.脊髄AVM「IVRの技法」  2002
■ 学会発表
1. Thoracic duct embolization for high-output chylothorax after thoracic surgery(口頭発表)  2014/12
2. 胃静脈瘤に対するバルーン閉塞下逆向性経静脈的塞栓術中の門脈肺静脈吻合(口頭発表)  2014/09
3. 「透析用長期留置カテーテル」(口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等)  2014/06
4. 「がん患者に対する緩和IVRにおける中心静脈アクセス」(シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等)  2014/06
5. リンパ節注入法によるリンパ管造影の臨床結果(口頭発表)  2014/06
6. 「胸管」(口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等)  2014/05
7. Lymph node injection lymphangiography: Technical procedures, safety, and clinical applications,(口頭発表)  2014/04
8. 「パワーポートにおける院内定着のための環境整備について-がん患者における造影CTの実際-」(口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等)  2014/01
9. ThePast and Future: How Implanted Port may Benefit Patients Differently  2013/10
10. How to Perform CECT and Identify Patients with PowerPort: Take Kansai Medical University Hospital as an Example.  2013/10
全件表示
■ 招待講演の状況
1. 2010/06  Role of stent in hemodialysis-related intervention(The 9th Asian-Pacific Congress of Cardiovascular & Interventional Radiology ,講師) 
■ 産業財産権
1. 2013 医療用器具及び管腔臓器連通用キット (第5377151号)
2. 2013 放射線シールド装置 (第5376367号)
3. 2014 X線造影用マイクロバブル造影剤製造装置 (第5470630号)
4. 2015 カテーテル誘導用皮下貫通用具 (WO/2015 /145768)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2013/04~2017/03  【文科省・学振・科研費】基盤研究(C)『大量ナノバブルにより増強したキャビテーション効果の医療利用:血栓溶解効果での評価』(研究代表者)5,070千円 
2. 2010/04~2013/03  【文科省・学振・科研費】基盤研究(C)『マイクロバブルジェネレータカテーテルを用いた高密度炭酸ガスマイクロバブル血管造影』(研究代表者)4,290千円 
3. 2009/04~  【文科省・学振・科研費】基盤研究(C)『マイクロバブル化炭酸ガスを用いた超短時間型塞栓剤の開発』(研究分担者)4,160千円 
4. 2008~2009  【科学技術振興機構研究費】技術移転支援センター事業良いシーズをつなぐ知の連携システム『マイクロバブル化炭酸ガスを使用したエックス線診断用造影剤の開発』(研究代表者)3,000千円 
5. 2007/04~2009/03  【文科省・学振・科研費】基盤研究(C)『経皮的生体内管腔臓器バイパス術の開発』(研究分担者)3,500千円 
全件表示
■ 受賞履歴
1. 2006 第 24 回関西医科大学同窓会50周年記念研究助成「加多乃賞」受賞
■ 研究の専門分野
  インターベンショナル・ラジオロジー (キーワード:インターベンショナル・ラジオロジー)