(最終更新日:2017-11-22 05:05:01.142709)
  カリヤ シユウジ   KARIYA SHUJI
  狩谷 秀治
   所属   関西医科大学  医学部
   職種   准教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 専門領域
インターベンショナル・ラジオロジー
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/radiol/hirakata_ivr.html
■ 学歴(略歴)
1. 1988/04~1994/03 関西医科大学 医学部 医学科 卒業 医学博士
■ 職歴(略歴)
1. 2003/08~2003/10 関西医科大学附属病院 助手(定員外)
2. 2003/11~2005/12 関西医科大学 医学部 助手
3. 2007/04~2009/01 関西医科大学 医学部 助教
4. 2009/01~2014/04 関西医科大学 医学部 講師
5. 2015/03~2025/12 関西医科大学 医学部 准教授
■ 所属学会等
1. 1994~ 日本医学放射線学会
2. 2003~ 日本インターベンショナルラジオロジー学会
3. 2011~2013 ∟ 代議員
4. 2014~ ∟ 代議員
■ 学術雑誌掲載論文
1. 症例報告  Contrast-Enhanced CT-guided Biopsy for IgG4-Related Disease of the Ureter: a Case Report 2017/06
2. 原著(症例報告除く)  Lymphoscintigraphy for Imaging of the Lymphatic Flow Disorders. 2016/12
3. 原著(症例報告除く)  Embolization for Thoracic Duct Collateral Leakage in High-Output Chylothorax After Thoracic Surgery. 2016/10
4. その他  CLINICAL REPORT IVR医のための放射線防護"3種の神器" 2016/01
5. その他  リンパ管のIVR 最前線を切り開くエキスパートの流儀 関西医科大学編 2016/01
全件表示(144件)
■ 著書
1. その他  プロフェッショナル・ケア消化器(消化器疾患の血管造影)「プロフェッショナル・ケア消化器」 2015
2. その他  Interesting Case, Case2 Pain After Bare Metal Stent Placement., Essentials of Percutaneous Dialysis Interventions 2011
3. その他  angioplasty & stenting-基礎 13 メタリックステント(metallic stent : self-expandable, balloon-expandable) 腎動脈狭窄/鎖骨下静脈狭窄「画像診断 Key Words Index 2 IVRのキーワード175」 2003/12
4. その他  non-vascular intervention 17 気管・気管支ステント(tracheobronchial stenting) 扁平上皮癌「画像診断 Key Words Index 2 IVRのキーワード175」 2003/12
5. その他  Early experiences with HDR brachytherapy for lung cancer using a microselectron., Bronchology and Bronchoesophagology : State of the Art. 2001
■ 講師・講演
1. 2010/06 Role of stent in hemodialysis-related intervention(Seoul)
■ 産業財産権
1. 2013/10/04 医療用器具及び管腔臓器連通用キット(第5377151号)
2. 2013/10/04 放射線シールド装置(第5376367号)
3. 2014/02/14 X線造影用マイクロバブル造影剤製造装置(第5470630号)
4. 2015/10/01 カテーテル誘導用皮下貫通用具(WO/2015 /145768)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2017/04~2021/03  ナノバブル生成器の開発:バブル投与下超音波照射によるソノポレーション効果での検証 科学研究費助成事業 (キーワード:ナノバイオ、インターベンショナルラジオロジー、ナノバブル、キャビテーション)
2. 2004/04~2006/03  外科的透析内シャント作成術に代わる新しい経皮的内シャント作成術の開発 科学研究費助成事業 
3. 2006/09~2007/01  画像ガイド下による管腔臓器間の経皮的生体内バイパス術の開発 私学助成 
4. 2007/04~2009/03  経皮的生体内管腔臓器バイパス術の開発 科学研究費助成事業 
5. 2008~2009  マイクロバブル化炭酸ガスを使用したエックス線診断用造影剤の開発 科学技術振興機構研究費 
全件表示(8件)
■ 受賞履歴
1. 2006 第 24 回関西医科大学同窓会50周年記念研究助成「加多乃賞」受賞
■ 研究の専門分野
インターベンショナル・ラジオロジー