(最終更新日:2019-03-19 05:05:01.459681)
  フジサワ ジユンイチ   FUJISAWA J.
  藤澤 順一
   所属   関西医科大学  微生物学講座
   職種   教授
■ 資格・免許
理学博士
■ 専門領域
ウイルス学 分子生物学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/microbiol/
■ 所属学会等
1. 日本ウイルス学会
2. 日本エイズ学会
3. 日本癌学会
4. 日本細菌学会
5. 日本分子生物学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Reduction of human T-cell leukemia virus type-1 infection in mice lacking nuclear factor-kappaB-inducing kinase. 2008/05
2. その他  尿による活動性結核診断法の確立 〜ラオスにおけるフィルドトライアル〜 2008/07
3. 原著(症例報告除く)  顆粒球抗体検出用のHNA-1a,-1b,および-2a遺伝子発現パネル細胞株の作成 2007/10
4. 原著(症例報告除く)  Chronic inflammation associated with hepatitis C virus infection perturbs hepatic transforming growth factor beta signaling, promoting cirrhosis and hepatocellular carcinoma. 2007/07
5. 原著(症例報告除く)  旅行者下痢症の疫学調査 2007/07
全件表示(33件)
■ 著書
1. 部分執筆  第IV章 ウイルス学・分子生物学 4 HTLV-1のウイルス学「HTLV-1と疾患」 2007/05
2. 部分執筆  「医学書院 医学大辞典」 2003/03
■ 学会発表
1. DNA damageにおける中心体増幅を起こす経路の特定 (ポスター,一般) 2007/12
2. HTLV-1の個体内発現制御における低酸素シグナルの関与 (ポスター,一般) 2007/12
3. Friend-MLVにおける組み込み過程での宿主DNA修復系(PARP-1及びPARP-2)の関与について (ポスター,一般) 2007/10
4. HTLV-1の個体内発現制御における転写補助因子TORC2の関与 (口頭発表,一般) 2007/10
5. HTLV-1の個体内発現制御における転写補助因子TORCの関与 (口頭発表,一般) 2007/10
全件表示(77件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2018~2020  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『HTLV-1慢性感染およびATL発症過程におけるがん微小環境の役割』(研究代表者)6,000,000円 (キーワード:レトロウイルスベクター、HTLV-1、Tax、モデル動物、DNAワクチン)
2. 2000/04~2001/03  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『HTLV-1・Taxによるインターフェロン応答遺伝子の活性化機構』(研究代表者)28,000,000円 (キーワード:HTLV-1、Tax、細胞がん化、IRF、NF-κB)
3. 2000/04~2001/03  【私学助成】学内C『Tax発現モデルマウスを用いた抗Tax-DNAワクチン』(研究代表者)3,000,000円 (キーワード:HTLV-1、Tax、EL-4、DNAワクチン、マウスモデル)
4. 2001/04~2002/03  【科学研究費助成事業】特定研究C『HTLV-1発現と個体免疫との動的平衡型系を用いた予防DNAワクチンの開発』(研究代表者)1,500,000円 
5. 2002/04~2003/03  【私学助成】学内B『宿主免疫と動的平衡にあるウイルス発現系を用いた抗HTLV-1ワクチンの開発』(研究代表者)7,000,000円 (キーワード:発現調節、HTLV-1、Tax、MAPキナーゼ)
全件表示(9件)
■ 受賞履歴
1. 1990/07 第9回 日本癌学会奨励賞
■ 研究の専門分野
ウイルス学, 分子生物学, 細胞生物学, 実験動物学