(最終更新日:2021-01-17 05:05:06.385361)
  マツダ タダシ   MATSUDA TADASHI
  松田 公志
   所属   関西医科大学  腎泌尿器外科学講座
   職種   教授
■ 資格・免許
医師  医学博士
■ 専門領域
泌尿器科学、男性科学、泌尿器腹腔鏡手術、男性不妊症
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/urology/
■ 公的委員会・協会等
1. 1997/10/21~2003/10/20 泌尿・生殖医学研究連絡委員会/日本学術会議 委員
■ 所属学会等
1. 1985/01~ 日本泌尿器科学会
1990 ∟ 専門医
1995 ∟ 指導医
2. 1988/08~ 日本泌尿器内視鏡学会
2005 ∟ 泌尿器腹腔鏡技術認定
全件表示(17件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  A novel flexible ureteroscope with omnidirectional bending tip using joystick-type control unit (URF-Y0016): initial validation study in bench models. 2020/06
2. 原著(症例報告除く)  Development and external validation of a preoperative nomogram for predicting pathological locally advanced disease of clinically localized upper urinary tract carcinoma 2020/04
3. 原著(症例報告除く)  Laparoendoscopic Single-Site Surgery for Urachal Remnants: A Single-Center Experience. 2020/04
4. 原著(症例報告除く)  Photodynamic Diagnosis with Oral 5-Aminolevulinic Acid for Upper Urinary Tract Carcinoma - A Prospective Clinical Trial. 2020/04
5. 原著(症例報告除く)  Preoperative Pyuria Predicts for Intravesical Recurrence in Patients With Urothelial Carcinoma of the Upper Urinary Tract After Radical Nephroureterectomy Without a History of Bladder Cancer. 2020/04
全件表示(142件)
■ 著書
1. 部分執筆  テストステロン補充療法終了後に症状再燃しなかった2症例「男性更年期障害」 2008/05
2. 部分執筆  男性ホルモン補充療法における性機能改善因子「男性更年期障害」 2008/05
3. 部分執筆  男性更年期障害診断用各種質問紙の有用性「男性更年期障害」 2008/05
4. 部分執筆  神経因性膀胱「内科診断学」 2008/03
5. 部分執筆  腎腫瘍(腎細胞癌)「内科診断学」 2008/03
全件表示(54件)
■ 学会発表
1. sub-clinical Cushing症候群を合併した褐色細胞腫の1例 (口頭発表,一般) 2008/06
2. 日本の内分泌外科発展のために必要なこと(泌尿器科関係) (口頭発表,特別・招待講演等) 2008/06
3. 泌尿器腹腔鏡手術のトレーニングプログラム (口頭発表,特別・招待講演等) 2008/06
4. 両側副腎褐色細胞腫に対して一期的腹腔鏡下左副腎全摘・右副腎部分切除を行った1例 (口頭発表,一般) 2008/06
5. Positive correlation between motion analysis data on the lapmentor virtual reality laparoscopic surgical simulator and the results from video tape assessment of real laparoscopic surgeries (口頭発表) 2008/05
全件表示(380件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 1992/04~1993/03  【科学研究費助成事業】基盤研究C『精路閉塞による精子形成障害の発生機序に関する臨床的・基礎的研究』(研究代表者)2,100,000円 
2. 1995/04~1997/03  【科学研究費助成事業】基盤研究C『精巣上体におけるイオン環境形成機序の解析』(研究代表者)2,100,000円 
3. 1998/04~1999/03  【科学研究費助成事業】基盤研究C『精子形成における低温誘導性蛋白に関する基礎的、臨床的検討』(研究代表者)2,100,000円 
4. 2001/04~2004/03  【科学研究費助成事業】基盤研究B『泌尿器悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術の開発とその安全性・有用性に関する研究』(研究代表者)12,300,000円 
5. 2007~  【厚生労働科学研究費】長寿医療研究委託『腹腔鏡下前立腺全摘除術周術期管理の標準化』(研究分担者) 
全件表示(12件)
■ 受賞履歴
1. 2019/11 日本泌尿器内視鏡学会 カールストルツ賞
■ 医療上の専門領域
泌尿器科