(最終更新日:2019-06-19 05:05:02.080538)
  キタガワ カオリ   KITAGAWA KAORI
  北川 香織
   所属   関西医科大学  薬理学講座
   職種   助教
■ 資格・免許
薬剤師  薬学修士  博士(医学)
■ 専門領域
神経薬理学・分子薬理学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/pharmac/
■ 学歴(略歴)
1. 1977/04~1981/03 武庫川女子大学 薬学部 卒業
2. 1981/04~1983/03 武庫川女子大学 大学院(修士課程) 薬学研究科 修士課程修了
3. 1989/04~1993/03 京都大学 大学院(博士課程) 医学研究科 博士課程修了
■ 公的委員会・協会等
1. 1998/04~ 老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会 会員
■ 所属学会等
1. 1991/04~ 日本分子生物学会
2. 1996/04~2000/03 日本癌学会
3. 1996/04~ 日本薬理学会
2001/04~ ∟ 学術評議員
4. 1997/04~ 基礎老化学会
全件表示(6件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Polymorphism of apolipoprotein A-II (apoA-II) among inbred strains of mice. Relationship between the molecular type of apoA-II and mouse senile amyloidosis. 1991/10
2. 原著(症例報告除く)  Development of congenic strains of mice carrying amyloidogenic apolipoprotein A-II (Apoa2c). Apoa2c reduces the plasma level and the size of high density lipoprotein. 1993/02
3. 原著(症例報告除く)  Age-associated decreases in the messenger ribonucleic acid level and the rate of synthesis of apolipoprotein A-II in murine senile amyloidosis. 1994/04
4. 原著(症例報告除く)  Acetyl-Ile-Gly-Leu protects neurons from Abeta(1-42)-induced toxicity in vitro and in V337M human tau-expressing mice. 2009/01
5. 原著(症例報告除く)  【アルツハイマー病の基礎理論と臨床 現状と課題】 アミロイドβタンパクの神経毒性機構 2008/05
全件表示(51件)
■ 著書
1. 部分執筆  老化促進モデルマウスにみられる老化関連病態とその遺伝子発現「老化と遺伝子情報の発現」 1997/05
■ 学会発表
1. Roles of lysyl oxidase-like 4 in cartilage
(軟骨におけるlysyl oxidase-like 4の役割) (ポスター,一般) 2017/03
2. Functional analyses of lysyl oxidase-like 4
(lysyl oxidase-like 4の機能解析) (ポスター,一般) 2016/03
3. 塩素イオンポンプサブユニット(ClP55)欠損マウス脳海馬神経変性の加齢変化 (ポスター,一般) 2013/03
4. 塩素イオンポンプサブユニット(ClP55)欠損マウスにおける神経細胞死の増強 (ポスター,一般) 2012/03
5. 塩素イオンポンプとアルツハイマー病/アミロイドβ蛋白毒性に対するホスファチジルイノシトールの保護効果 (口頭発表,一般) 2011/12
全件表示(54件)
■ 講師・講演
1. 2010/07 A new drug candidate for treatment of Alzheimer's disease and Cl--ATPase/pump-related pathophysiology(Sixth International Stroke Summit,講師)
■ 産業財産権
1. 2015/02/12 ホスファチジルイノシトールの製造方法及びホスファチジルイノシトールを含有する組成物(特開2015-027260)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2012/11~2013/10  【科学技術振興機構研究費】研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム フィージビリティスタディ【FS】ステージ 探索タイプ『高齢者の生活習慣病・認知症予防改善作用を期待される新リン脂質(PI)食材の開発(ヒト臨床テストによる効果の検証)』(研究代表者)2,690,000円 (キーワード:老化性痴呆疾患、イノシトールリン脂質)
■ 研究の専門分野
神経科学一般, 神経薬理学, 薬理学一般 
■ 研究テーマ
1. 2003/04
アルツハイマー病の治療薬の探索と塩素イオンポンプに関わる病態生理の解明
実施形態:個人研究
2. 2012/04
弾性線維形成メカニズムの解明
実施形態:機関内共同研究