(最終更新日:2018-08-18 05:05:01.518817)
  イワイ ヒロシ   IWAI HIROSHI
  岩井 大
   所属   関西医科大学  耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
   職種   教授
■ 資格・免許
医師  医学博士
■ 専門領域
頭頚部外科学、頭頚部画像診断学、内耳免疫学、移植免疫学
■ 所属学会等
1. 環太平洋外科系学会日本支部会
2018/04 ∟ 評議員
2. 耳鼻咽喉科臨床学会
∟ 運営委員
3. 早期老化マウス(SAM)
全件表示(30件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Cells Expressing Prominin-1 in Neonatal Murine Inferior Colliculus Differentiate into Neurons and Glia. 2018/06
2. 原著(症例報告除く)  気管食道廔処置後に、類白血病反応を呈した椎前間隙膿瘍の1例 2018/06
3. 原著(症例報告除く)  Two cases of infundibular squamous cell carcinoma on the nose with aggressive clinical behavior: Case report and review of the published work. 2018/02
4. その他  HSP70遺伝子導入による内耳有毛細胞変性抑制とHSP70発現部位の検討 2017/12
5. 原著(症例報告除く)  カフ付き気管カニューレ挿入症例における経口摂取およびカニューレ抜去状況についての検討 2017/09
全件表示(118件)
■ 著書
1. 部分執筆  フライ症候群「今日の耳鼻咽喉科・頭頚部外科治療指針 第3版」 2008/06
2. その他  Prevention and treatment of age-associated disease in SAM by bone marrow transplantation with or without thymus grafts., The Senescence-Accelerated Mouse (SAM): An Animal Model of Senescence.(International congress series. no.1260) 2004
3. その他  ワルチン腫瘍。最良の手術法(治療法)「耳下腺腫瘍臨床の最前線-Q&A」 2004
4. その他  術中迅速病理組織診断の有用性と限界。II耳下腺腫瘍の診断「耳下腺腫瘍臨床の最前線-Q&A」 2004
5. その他  Ⅵ.口腔・唾液腺の解剖 2.耳下腺手術のための臨床解剖「耳鼻咽喉科・頭頸部外科のための臨床解剖 (耳鼻咽喉科診療プラクティス 8)」 2002
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. シンポジウム「口腔・咽頭の画像診断—最近の進歩」MRI-耳下腺。顔面神経の画像診断。 (シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2002/09
2. ビデオセミナー -唾液腺- 耳下腺良性腫瘍手術  2002/01
3. ミニシンポジウム内耳病態へのアプローチ:蝸牛障害に対する骨髄移植ー治療への戦略 (シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2002/03
4. 「気管食道領域の再建」喉頭摘出術後の音声再建—器具を用いる方法 (シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2002/11
5. Prevention and treatment of age-related disease in SAM by bone marrow transplantation with or without thymus grafts.  2003/06
全件表示(94件)
■ 講師・講演
1. 2002/02 耳下腺腫瘍—診断と治療—(第18回頭頸部放射線研究会,講師)
2. 2003/11 耳下腺癌治療の検討(第10回北関東頭頸部腫瘍研究会,講師)
3. 2005/10 唾液腺疾患(主に腫瘍)について耳鼻科医が画像で知りたいこと(第18回頭頸部放射線研究会,特別講演・記念講演)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2016~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究C『細胞性免疫操作による老人性難聴予防』(研究代表者)3,300,000円 (キーワード:細胞性免疫操作 老人性難聴)
2. 2016~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『細胞性免疫操作による老人性難聴予防』(研究代表者)3,500,000円 (キーワード:老人性難聴 胸腺移植)
3. 2016~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『細胞性免疫操作による老人性難聴予防』(研究代表者)3,000,000円 (キーワード:T細胞 機能操作 老人性難聴 予防の検討)
4. 2016~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『細胞性免疫操作による老人性難聴予防』(研究代表者)3,000,000円 (キーワード:モデル動物 早期老人性難聴 発症機序)
5. 2016~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『細胞性免疫操作による老人性難聴予防』(研究代表者)2,200,000円 (キーワード:自己免疫 感音性難聴 派生機序の検討)
全件表示(16件)
■ 受賞履歴
1. 2005 第2回塩崎安子賞
■ 研究の専門分野
内耳免疫, 移植免疫, 老人性難聴, 自己免疫性難聴 
■ 医療上の専門領域
耳鼻咽喉科、頭頚部外科