(最終更新日:2022-06-18 12:26:27)
  コウダ カツヤス   KOUDA KATSUYASU
  甲田 勝康
   所属   関西医科大学  衛生・公衆衛生学講座
   職種   研究教授
■ 専門領域
衛生・公衆衛生学
■ ホームページ URL
   researchmap
   KAKEN
■ 公的委員会・協会等
1. 2016/12~2017/11 科研費審査委員/日本学術振興会
2. 2022/02/27~ 専門医・指導医認定委員会/社会医学系専門医協会
■ 所属学会等
1. 日本衛生学会
2002/04~2020/12 ∟ 評議員
2002/07~2009/06 ∟ 国際誌・和文誌編集委員
2020/03~ ∟ 代議員
2020/03~ ∟ 理事
全件表示(32件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Combined results of three physical performance tests predict incident fracture independently of aBMD in community-dwelling elderly Japanese men: Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study. 2022/01
2. 原著(症例報告除く)  Association between household solid fuel use and tuberculosis: cross-sectional data from the Mongolian National Tuberculosis Prevalence Survey. 2021/09
3. その他  Correction to: Association between household solid fuel use and tuberculosis: cross-sectional data from the Mongolian National Tuberculosis Prevalence Survey. 2021/09
4. 原著(症例報告除く)  Worldwide trends in hypertension prevalence and progress in treatment and control from 1990 to 2019: a pooled analysis of 1201 population-representative studies with 104 million participants. 2021/09
5. 原著(症例報告除く)  Infant weight gain and DXA-measured adolescent adiposity: data from the Japan Kids Body-composition Study. 2021/08
全件表示(37件)
■ 学会発表
1. 女子大学生の減量行動の種類及びその実行に関連 する要因の検討. (ポスター,一般) 2021/12/21
2. 小学校高学年における食事量・身体活動量・ダイ エット経験と骨密度・体脂肪率との関連. (ポスター,一般) 2021/12/21
3. 未就学児育児中の母親における、過去の逆境的小児 (ポスター,一般) 2021/12/21
4. 男女大学生におけるやせ体型への願望と社会的圧力との関係 (口頭発表,一般) 2021/11/05
5. 多面的身体能力評価は日本人高齢男性の骨折発生を予測する-藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究- (一般) 2021/10/08
全件表示(27件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2020~2023  【科学研究費助成事業】基盤研究(B)『体組成測定による骨・筋・脂肪の量・分布の可視化が成長期の食行動変容に及ぼす影響』(研究分担者) 
2. 2020~2023  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『血清CTRP3低値は骨粗しょう症や脆弱性骨折の発症リスクを高めるか』(研究分担者) 
3. 2020~2022  【科学研究費助成事業】基盤研究(B)『日本人女性において2型糖尿病は骨折リスクを上げるか-無作為抽出標本コホート研究』(研究分担者) 
4. 2019~2022  【科学研究費助成事業】基盤研究(B)『体脂肪分布が臓器機能障害におよぼす影響についての大規模疫学研究』(研究代表者) 
5. 2018~2022  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『下肢筋量に着目した骨折リスク評価モデルの開発 日本人男性の大規模疫学研究』(研究分担者) 
全件表示(8件)
■ 研究テーマ
1. 1991/04/01
地域住民を対象とした生活習慣病予防に関する研究
実施形態:国内共同研究
■ 研究手法
疫学・統計学