(最終更新日:2017-10-17 05:05:01.659284)
  フクナガ ミキヒコ   FUKUNAGA M.
  福永 幹彦
   所属   関西医科大学  医学部
   職種   教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 専門領域
ストレス負荷と生理機能、慢性疼痛の心理社会的因子、機能性身体症候群の治療法の開発
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/psm/
■ 所属学会等
1. 1985 日本内科学会
2. 2009/04 ∟ 評議員 近畿支部
3. 1989/04 日本心身医学会
4. 2009 ∟ 理事 広報担当 近畿支部長
5. 1997 日本心療内科学会
全件表示(12件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  【軽症うつ病 プライマリケア医に課せられた対応】 日常診療におけるうつ病 痛みとの関連 2008/02
2. 総説  【臨床医学の展望2008 診断および治療上の進歩】 心身医学 2008/02
3. 症例報告  口腔内に含水することで症状が消失した呑気症の1例 2008/01
4. 総説  心身医学的観点から見た阪神・淡路大震災被災住民の健康問題 2007/10
5. 症例報告  Empty chairによる「第三の視点」の獲得が改善をもたらしためまい患者の1例 2007/09
全件表示(66件)
■ 著書
1. 部分執筆  慢性痛に対する心療内科的アプローチ「疼痛の理学療法 第2版」 2008/05
2. その他  過敏性腸症候群「家庭医療学ハンドブック」 2004
3. その他  壮年期とうつ病「これだけは知っておきたいうつ病診断の知識 : プライマリ医療における軽症
うつ病・仮面うつ病を中心に」 2004
■ 学会発表
1. 胃蠕動運動機能の機能性胃腸症と他疾患における比較 (口頭発表,一般) 2008/06
2. 患者の主観的症状認識にもとづく心身症患者の分類 (口頭発表,一般) 2008/06
3. 機能性胃腸症における胃蠕動運動リズム異常の他疾患との比較 (口頭発表,一般) 2008/05
4. パニック障害に対する苓桂朮甘湯の使用経験 (口頭発表,一般) 2008/02
5. 患者の主観的症状認識にもとづく疼痛患者の分類 (口頭発表,一般) 2008/02
全件表示(104件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2006/04~2007/03  平成18年度 厚生労働省 精神神経疾患委託事業 17指ー3 心身症の診断治療ガイドラインを用いた臨床的実証研究 その他の補助金・助成金 (キーワード:機能性胃腸症、ストレス、胃神経症)
2. 2007/04~2008/03  平成19年度厚生労働省 精神神経疾患委託事業 17指ー3 心身症の診断治療ガイドラインを用いた臨床的実証研究 その他の補助金・助成金 (キーワード:機能性胃腸症、神経性胃炎、機能障害、ストレス)
3. 2008/04~2009/03  厚生労働省精神神経疾患委託事業 平成20年度20委ー7 心身症診断治療ガイドラインの標準化とその検証に関する研究 その他の補助金・助成金 (キーワード:慢性疼痛、疼痛予測因子、心理社会的因子、ストレス)
■ 研究の専門分野
心身医学 
■ 研究手法
質的研究法、臨床研究、生体信号解析
■ 医療上の専門領域
心身医学