(最終更新日:2019-06-19 05:05:02.080538)
  フジイ シゲル   FUJII SHIGERU
  藤井 茂
   所属   関西医科大学  化学
   職種   教授
■ 資格・免許
理学博士  医学博士
■ 専門領域
生化学
■ 所属学会等
1. 1981/04~ 日本生化学会
1994/01~ ∟ 評議員
2009/10~ ∟ 代議員
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  セリンパルミトイル転移酵素における基質アナログを用いたキノノイド中間体形成過程の解析 2007/06
2. 原著(症例報告除く)  A cytosolic cytochrome b5-like protein in yeast cell accelerating the electron transfer from NADPH to cytochrome c catalyzed by Old Yellow Enzyme. 2005
3. 原著(症例報告除く)  A gene encoding, prespore-cell-inducing factor in Dictyostelium discoideum. 2004
4. 原著(症例報告除く)  N-Acetylglucosaminyltransferase IX acts on the GlcNAc beta 1,2-Man alpha 1-Ser/Thr moiety, forming a 2,6-branched structure in brain O-mannosyl glycan. 2004
5. 原著(症例報告除く)  Molecular cloning and characterization of human GnT-IX, a novel beta1,6-N-acetylglucosaminyltransferase that is specifically expressed in the brain. 2003
■ 著書
1. 部分執筆  3-F.糖蛋白質糖鎖の抽出・精製と糖鎖構造解析法「分子細胞生物学基礎実験法 改訂第2版」 2004
■ 学会発表
1. Mechanism for Controlling the Catalytic Reaction of Serine Palmitoyltransferase from Sphingobacterium multivorum (ポスター,一般) 2007/12
2. Analysis of the Reaction Mechanism of Serine Palmitoyltransferase (ポスター,一般) 2007/09
3. 基質アナログを用いたセリンパルミトイル転移酵素の活性制御機構の研究 (口頭発表,一般) 2007/06
4. Palmitoyl-CoA-Accelerated Quinonoid Intermediate Formation of Serine Palmitoyltransferase (ポスター,一般) 2006/06
5. Structural analysis of glycopeptide in Dictyostelium discoideum psi-factor (ポスター,一般) 2006/06
全件表示(12件)
■ 研究の専門分野
生体関連化学 
■ 研究テーマ
1. NMRによる生体関連物質の構造と機能
実施形態:国内共同研究
2. タンパク質構造と酵素反応機構
実施形態:国内共同研究
3. 糖タンパク質における糖鎖構造とその機能
実施形態:国内共同研究