(最終更新日:2022-06-30 05:05:06.980747)
  マスザワ ムネヒロ   MASUZAWA M.
  増澤 宗洋
   所属   関西医科大学  麻酔科学講座
   職種   准教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 所属学会等
1. 日本ペインクリニック学会
∟ 専門医
2. 日本緩和医療学会
∟ 専門医
3. 日本麻酔科学会
全件表示(6件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 症例報告  プレガバリン内服により下肢の浮腫を生じた症例 2011/12
2. 症例報告  採血後に生じたCRPS Type IIが頸椎後縦靱帯骨化症の手術後に軽快しDouble Crush Syndromeと同様の病態であったと考えられた1症例 2010/05
3. 原著(症例報告除く)  Sevoflurane Causes Greater QTc Interval Prolongation in Elderly Patients than in Younger Patients. 2010/03
4. 症例報告  悪性高熱症素因を有する患者でプロポフォール投与中に体温上昇を来した1症例 2010/01
5. 総説  急性脳虚血における脳白質保護の重要性 2008/03
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. 腹腔鏡下幽門側胃切除術における新しい術後鎮痛法(腹横筋膜面・腹直筋鞘ブロック)の有用性 (口頭発表,一般) 2011/03
2. 難治性疼痛の治療中に薬物中毒が疑われた一例 (口頭発表,一般) 2010/10
3. 仙骨硬膜外ブロック治療中に見られた殿部皮下膿瘍の1例 (ポスター,一般) 2009/06
4. ガバペンチンにて薬疹の出現が疑われた症例 (口頭発表,一般) 2008/09
5. 未治療の甲状腺機能亢進症患者において術中・術後に甲状腺クリーゼを来たした一例 (口頭発表,一般) 2008/09
全件表示(40件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2004~2006  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『脳内ドパミン系に対する作用を指標にしたキセノンの脳保護作用』(研究代表者) 
■ 研究の専門分野
薬物耽溺, 脳内報酬系