(最終更新日:2022-03-29 12:10:16)
  コタニ ヨシヒサ   KOTANI YOSHIHISA
  小谷 善久
   所属   関西医科大学  整形外科学講座
   職種   准教授
■ 専門領域
脊椎脊髄病、脊椎低侵襲手術、脊柱変形、脊椎靭帯骨化症、コンピューター支援手術、ロボティック手術
■ 学歴(略歴)
1. 1983/04~1989/03 北海道大学 医学部 医学研究科 卒業
2. 1991/04~1995/03 北海道大学 大学院医学研究科 修了
■ 所属学会等
1. 1989~ 日本整形外科学会
1996 ∟ 専門医
2002 ∟ 脊椎脊髄病医
2. 1989~ 日本脊椎脊髄病学会
∟ 指導医
全件表示(16件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Single-level controlled comparison of OLIF51 and percutaneous screw in lateral position versus MIS-TLIF for lumbosacral degenerative disorders : clinical and radiologic study. 2021/09
2. 原著(症例報告除く)  Comparison of outcomes of oblique lateral interbody fusion with percutaneous posterior fixation in lateral position and minimally invasive transforaminal lumbar interbody fusion for degenerative spondylolisthesis. 2021/02
3. 原著(症例報告除く)  Correlation between the computed tomography values of the screw path and pedicle screw pullout strength : An experimental study in porcine vertebrae. 2020/06
4. 原著(症例報告除く)  Effect of Indirect Neural Decompression with Oblique Lateral Interbody Fusion Was Influenced by Preoperative Lumbar Lordosis in Adult Spinal Deformity Surgery. 2019/06
5. 原著(症例報告除く)  Clinical and Radiological Comparison between Three Different Minimally Invasive Surgical Fusion Techniques for Single Level Lumbar Isthmic and Degenerative Spondylolisthesis: MIS-PLF vs MIS-TLIF vs MIDLF 2018
全件表示(156件)
■ 著書
1. 部分執筆  B章 3 胸腰椎移行部の一般的解剖(肋骨,横隔膜を中心に)
F章 1 胸腰椎移行部へのアプローチ手技とピットフォール
H章 1 ナビゲーションによる支援
K章 2 側臥位でのL5/S1前側方椎体間固定術(OLIF51® : Hynes technique)「MISt手技における側方経路椎体間固定術(LIF)入門-OLIF/XLIFを中心に」 2018
2. 部分執筆  脊椎脊髄外科診療における術中モバイルCT装置(O-arm)の導入と中短期的効果「月刊新医療」 2016
3. 部分執筆  B章 1 PPS刺入法(基本編) 3)O-arm®を使用した刺入法「MISt手技における経皮的椎弓根スクリュー法―基礎と臨床応用」 2015
4. 全体執筆  外傷性頚部症候群、脳脊髄液減少症「今日の臨床サポート(Web版)」 2013
5. 部分執筆  Section 5.脊椎・脊髄手術における ナビゲーションシステムの応用「カラーアトラス脊椎・脊髄外科」 2012
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. The state of the art in minimally invasive spine procedures using surgical synergy (特別・招待講演等) 2021/06/03
2. Selection of several MIS combined procedures for adult spinal deformity : Does cMIS with OLIF51 provide innovation ? (特別・招待講演等) 2021/04/10
3. Integration of Spinal Navigation and Minimally Invasive Surgery -Recent Progress and Robotic Surgery Trend- (特別・招待講演等) 2021/04/02
4. Oblique Lateral Interbody Fusion (OLIF)を併用した脊柱再建術 ―術後5年以上の臨床成績の検証- (口頭発表,一般) 2021/04
5. XLIF術後椎体前方の剥離骨片についての検討 (一般) 2021/04
全件表示(124件)
■ 講師・講演
1. 2000/01 Development of Artificial Intervertebral Disc and Its Perspective of Clinical Application(Spine and Spinal Nerve, 4th Annual Meeting,特別講演・記念講演)
2. 2001 Artificial Intervertebral Disc Replacement using Bioactive Three-dimensional Fabric Disc (3-DF Disc)(8th International Meeting on Advanced Spine Techniques,パネリスト)
3. 2001/01 The Development of Artificial Intervertebral disc and its Prospect for Clinical Application(1st Advanced Technology of Spine Technique,特別講演・記念講演)
4. 2002/01 Efficacy of bioactive three-dimensional fabric disc (3-DF disc) for intervertebral disc replacement: Research results and future strategy.(Spine and Spinal Nerve, 6th Annual Meeting,特別講演・記念講演)
5. 2003/07 Motion Preservation Technology, Concepts of Stability and Instability (Why are we interventing?)(North American Spine Society, Spine Across the Sea,パネリスト)
全件表示(28件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2002/04~2004/03  『生体内吸収性脊椎再建材料の開発に関する研究』(研究代表者)4,750,000円 
2. 2002/04~2005/03  【科学研究費助成事業】基盤C『椎体固定機能を有する新しい人工椎間板デザインの確立とその臨床応用』(研究代表者)4,000,000円 
3. 2002/04~2003/03  【助成団体からの研究助成金】『表面生体活性と椎体固定機能を有する新しい人工椎間板デザインの確立と臨床応用』(研究代表者)1,000,000円 
4. 2005/04~2008/03  【科学研究費助成事業】基盤B『前方・後方置換に対応する頚椎・腰椎複合材料型人工椎間板の臨床応用』(研究代表者)7,200,000円 
5. 2008/04~2011/03  【科学研究費助成事業】基盤C『人工椎間板の臨床応用と新規ハイブリッド型再生椎間板の開発』(研究代表者)3,920,000円 
全件表示(8件)
■ 受賞履歴
1. 1997/01 北海道整形災害外科学会 ヘキスト・マリオン・ルセル学術奨励賞
2. 1997/04 第26回日本脊椎外科学会 優秀演題賞(第26回日本脊椎外科学会)
3. 1998/09 日本整形外科学会基礎学術集会 優秀学術展示賞(日本整形外科学会基礎学術集会)
4. 2000/12 東日本整形災害外科学会 優秀学術展示賞(東日本整形災害外科学会)
5. 2009/11 第17回日本腰痛学会 優秀論文賞(第17回日本腰痛学会)
全件表示(6件)
■ 研究の専門分野
整形外科学, 脊椎脊髄病学 (キーワード:脊椎脊髄病、低侵襲脊椎手術、コンピューター支援手術、生体材料学、生体力学) 
■ 研究テーマ
1. 2012/04/01
2021/05/07
脊椎手術の安全性と高精度化のための国際研究
実施形態:国際共同研究
2. 2012/04/01
2021/05/07
脊椎脊髄手術全般の低侵襲化
実施形態:国際共同研究