(最終更新日:2018-10-15 09:22:09)
  サナダ タカヒサ   SANADA TAKAHISA
  眞田 尚久
   所属   関西医科大学  生理学講座
   職種   助教
■ 所属学会等
1. 2001~ 視覚科学フォーラム
2. 2001~ 日本神経科学学会
3. 2004~ 北米神経科学学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Comparison of the color selectivity of macaque V4 neurons in different color spaces. 2016/11
2. 原著(症例報告除く)  Supranormal orientation selectivity of visual neurons in orientation-restricted animals. 2015/11
3. 原著(症例報告除く)  Neural representation of motion-in-depth in area MT. 2014/11
4. 原著(症例報告除く)  Contributions of excitation and suppression in shaping spatial frequency selectivity of V1 neurons as revealed by binocular measurements. 2012/04
5. 原著(症例報告除く)  Representation of 3-D surface orientation by velocity and disparity gradient cues in area MT. 2012/04
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. Neural response to complex motion in macaque area MT (ポスター,一般) 2018/07/26
2. 視覚運動による質感表現への生理学的アプローチ (ポスター,一般) 2017/11/22
3. 複雑運動刺激に対する MT 野細胞の応答特性 (ポスター,一般) 2017/09/28
4. Chromatic interaction profile in macaque area V4 (ポスター,一般) 2016/11
5. Responses to single colors cannot predict chromatic interaction profile in macaque area V4 (ポスター,一般) 2016/07
■ 講師・講演
1. 2007 初期視覚野における立体面傾き選択性の神経メカニズム(第84回日本生理学会大会,シンポジウム「脳の中の三次元表現 - 心理、生理、臨床からのアプローチ」,,パネリスト)
2. 2012/08 サルMT野における奥行き運動(Motion-in-depth)に対する選択性(生理学研究所部門セミナー)
3. 2013/09 サルMT野における奥行き運動(Motion-in-depth)選択性とそのメカニズム(生理研研究会「視知覚の現象・機能・メカニズム - 生理学的、心理物理学的、計算 論的アプローチ」,パネリスト)
4. 2014/08 Neural mechanisms underlying motion-in-depth selectivity in macaque area MT(APCV 2014,パネリスト)
■ 産業財産権
1. 2013/07/05 画像特徴抽出装置、画像特徴抽出方法、画像認識装置、及び画像認識方法(第5305366号)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2016/04~2018/03  【科学研究費助成事業】新学術領域研究(研究領域提案型)『液体粘性知覚の神経基盤の解明』(研究代表者)8,450,000円 
2. 2017~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『大脳皮質高次視覚領野における複雑運動知覚の情報表現』(研究代表者) 
3. 2018~2019  【科学研究費助成事業】新学術領域研究『液体粘性知覚の神経メカニズムの解明』(研究代表者) 
■ 受賞履歴
1. 2013/08 若手優秀発表賞
■ 研究の専門分野
感性情報学, 神経生理学・神経科学一般, 基盤・社会脳科学 (キーワード:視覚神経科学)