(最終更新日:2019-03-19 05:05:01.459681)
  スナダ ナオタカ   SUNADA NAOTAKA
  砂田 尚孝
   所属   関西医科大学  精神神経科学講座
   職種   助教
■ 資格・免許
医師  精神保健指定医
■ 専門領域
うつ病・気分障害、認知症、臨床薬理、ゲノム薬理
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/psy/
■ 所属学会等
1. 日本精神神経学会
2. 日本総合病院精神医学会
3. 日本認知症学会
4. 日本臨床精神神経薬理学会
5. 日本老年精神医学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Non response at week 4 as clinically useful indicator for antidepressant combination in major depressive disorder. A sequential RCT. 2017/06
2. 原著(症例報告除く)  Remifentanil in electroconvulsive therapy: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. 2016/01
3. 原著(症例報告除く)  The comparative effects of risperidone long-acting injection and paliperidone palmitate on social functioning in schizophrenia: A 6-month, open-label, randomized controlled pilot trial. 2016/01
4. 原著(症例報告除く)  Serotonin 7 Receptor Variants Are Not Associated with Response to Second-Generation Antipsychotics in Japanese Schizophrenia Patients 2015/11
5. 原著(症例報告除く)  HTR1A Gene Polymorphisms and 5-HT1A Receptor Partial Agonist Antipsychotics Efficacy in Schizophrenia 2015/06
全件表示(6件)
■ 著書
1. 部分執筆  第3章 治療における抗不安薬の意義と使い方 7.女性ホルモンと不安障害「抗不安薬プラクティカルガイド 今だから知っておきたい正しい使い方」 2015/02
■ 学会発表
1. 当科初診外来における認知症診断・治療目的症例の検討 (ポスター,一般) 2017/11/17
2. 治療抵抗性うつ病に対する治療選択肢 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/11/03
3. 持効性注射製剤の切替えが統合失調症の流暢性に与える影響の検討-意味流暢性と文字流暢性に注目して- (口頭発表,一般) 2017/11/01
4. Non response at week 4 as clinically useful indicator for antidepressant combination in MDD. A sequentialRCT (ポスター,一般) 2017/07
5. 大うつ病性障害における2無作為比較試験の結果より加齢が寛解予測因子としての早期部分
改善に与える影響について (ポスター,一般) 2016/11
全件表示(27件)
■ 受賞履歴
1. 2017 加多乃賞