(最終更新日:2019-06-19 05:05:02.080538)
  スナダ ナオタカ   SUNADA NAOTAKA
  砂田 尚孝
   所属   関西医科大学  精神神経科学講座
   職種   助教
■ 資格・免許
医師  精神保健指定医
■ 専門領域
うつ病・気分障害、認知症、臨床薬理、ゲノム薬理
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/psy/
■ 所属学会等
1. 日本精神神経学会
2. 日本総合病院精神医学会
3. 日本認知症学会
4. 日本臨床精神神経薬理学会
5. 日本老年精神医学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Non response at week 4 as clinically useful indicator for antidepressant combination in major depressive disorder. A sequential RCT. 2017/06
2. 原著(症例報告除く)  Remifentanil in electroconvulsive therapy: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. 2016/01
3. 原著(症例報告除く)  The comparative effects of risperidone long-acting injection and paliperidone palmitate on social functioning in schizophrenia: A 6-month, open-label, randomized controlled pilot trial. 2016/01
4. 原著(症例報告除く)  Serotonin 7 Receptor Variants Are Not Associated with Response to Second-Generation Antipsychotics in Japanese Schizophrenia Patients 2015/11
5. 原著(症例報告除く)  HTR1A Gene Polymorphisms and 5-HT1A Receptor Partial Agonist Antipsychotics Efficacy in Schizophrenia 2015/06
全件表示(6件)
■ 著書
1. 部分執筆  第3章 治療における抗不安薬の意義と使い方 7.女性ホルモンと不安障害「抗不安薬プラクティカルガイド 今だから知っておきたい正しい使い方」 2015/02
■ 学会発表
1. うつ病患者におけるミルタザピンとSSRIの治療反応とABCB1遺伝子多型の関連
-GUNDAM studyより- (ポスター,一般) 2018/11/15
2. 幼少期の虐待の既往とうつ病の治療反応性の相関 ~Genotype Utility Needed for
Depression Antidepressant Medication(GUNDAM)studyより~ (ポスター,一般) 2018/11/15
3. 高齢うつ病患者における、SSRIとミルタザピンの有用性の比較 ~GUNDAM studyより~ (ポスター,一般) 2018/07/28
4. 当科初診外来における認知症診断・治療目的症例の検討 (ポスター,一般) 2017/11/17
5. 治療抵抗性うつ病に対する治療選択肢 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/11/03
全件表示(30件)
■ 受賞履歴
1. 2017 加多乃賞