(最終更新日:2019-10-16 05:05:02.070695)
  イマダ タカノブ   IMADA TAKANOBU
  今田 崇裕
   所属   関西医科大学  内科学第二講座
   職種   診療講師
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 症例報告  脳出血における腎不全治療として腹膜透析治療を選択した一例. 2007
2. 症例報告  交通性陰嚢水腫を来たした腹膜透析患者の一例 2006
3. 総説  【糖尿病性細小血管症 基礎・臨床のアップデート】 糖尿病性神経障害 予防,治療,管理 治療の進歩 骨髄・末梢血単核球細胞移植の有用性 2005
4. 原著(症例報告除く)  ネフローゼ症候群を伴った慢性腎不全に対する腹膜透析療法 2003
■ 学会発表
1. 血液透析患者の予後推定における血流依存性血管拡張反応と上腕-足首脈波伝播速度測定の意義 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2007/11
2. 難治性ネフローゼ症候群に対してイコデキストリン透析液単独腹膜透析療法を施行した3症例 (口頭発表,一般) 2007/10
3. 頭側延髄腹外側野への動脈による圧迫を伴う高血圧と腎障害の関連について (口頭発表,一般) 2007/05
4. 脳出血における腎不全治療としてCAPD療法を選択した1例. . 2006年12月9日;大阪市 (口頭発表,一般) 2006/12
5. Peritoneal regeneration by international infusion of autologous bone marrow mononucle (mesodermal precursor cells) in peritoneal dialysis rats. (口頭発表,一般) 2006/11
全件表示(62件)