(最終更新日:2022-02-21 16:23:35)
  エモト ユウコ   EMOTO YUKO
  榎本 祐子
   所属   関西医科大学  法医学講座
   職種   助教
■ 所属学会等
1. 日本法医学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Dietary effect of mead acid on DMBA‑induced breast cancer in female Sprague‑Dawley rats 2020
2. 原著(症例報告除く)  キトサンオリゴ糖を用いた網膜変性症モデルにおける病態抑制効果 2020
3. その他  眼球毒性の観察された農薬についての文献的考察 2019
4. 原著(症例報告除く)  Intestinal Bacterial Infection Diagnosed by Histological Examination of Endoscopic Biopsy Specimens. 2016/10
5. 症例報告  Spontaneously occurring lymphohematopoietic tumors in three young Sprague Dawley rats. 2016/05
全件表示(50件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2013  【私学助成】『酸化ストレスの関与する眼科疾患の新規治療法・予防法の開発』(研究代表者) 
2. 2014  【私学助成】『クルクミンと緑茶抽出物の網膜変性症動物モデルに対する複合効果』(研究代表者) 
3. 2021~  【厚生労働科学研究費】『死後培養線維芽細胞の血中エタノール濃度推定への応用』(研究代表者) 
■ 受賞履歴
1. 2012 Germany Society of Legal Medicine Excellent award of poster forum (The polymorphism of the Carnitine palmitoyltransferase 2 gene is associated with sudden unexpected death in infancy)
2. 2012 第96次日本法医学会学術全国集会 Excellent award of student poster forum (Metabolic autopsy of sudden unexpected death in infancy)
3. 2014 日本毒性病理学会 JTP学術賞 奨励賞 (Green tea extract-induced acute hepatotoxicity in rats.)
4. 2014 第7回(平成26年度) 丹家雛子医療奨励賞 (食品由来抗酸化物質によるMNU誘発動物モデルを用いた網膜症ならびに白内障に対する新規治療法の確立)
5. 2015 第12回(平成27年度)塩崎安子賞 (MNU誘発網膜傷害動物モデルを用いた食品由来抗酸化物質による病態抑制機構の解明)
全件表示(6件)