(最終更新日:2019-03-25 05:05:01.689761)
  タケキタ ヨシテル   TAKEKITA YOSHITERU
  嶽北 佳輝
   所属   関西医科大学  精神神経科学講座
   職種   講師
■ 資格・免許
医師  産業医  指導医  精神保健指定医  精神科専門医  博士(医学)
■ 専門領域
精神神経科学 臨床精神薬理学 老年精神医学 電気けいれん療法
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/psy/index.html
■ 学歴(略歴)
1. 1997/04~2003/03 関西医科大学 医学部 医学科 卒業 学士
2. 2005/04~2009/03 関西医科大学大学院 医学研究科 医科学専攻社会環境医学系精神神経科学 博士課程修了 博士(医学)
3. 2014/04~2016/03 ボローニャ大学 医学部 生物医学/神経運動科学教室 留学
■ 職歴(略歴)
1. 2003/06~2005/03 関西医科大学附属病院 研修医
2. 2009/04~2011/03 関西医科大学 医学部 助教
3. 2012/04~2017/03 関西医科大学 医学部 助教
4. 2017/04~ 関西医科大学 医学部 講師
■ 所属学会等
1. 2003/05~ 日本精神神経学会
2008 ∟ 指導医
2009 ∟ 精神科専門医
2. 2003/11~ 日本臨床精神神経薬理学会
2015/11~ ∟ 評議員
全件表示(34件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 総説  電気けいれん療法における麻酔手法~麻酔薬が発作に与える影響を中心に~ 2018/12
2. 総説  【精神科臨床144のQ&A】第1章 統合失調症 Q7.初発の統合失調症の患者さんに対し、どのような点に注意をして、どのような抗精神病薬を選択すれば良いのでしょうか? 2018/11
3. 症例報告  けいれん誘発に難渋しレミフェンタニルを併用した電気けいれん療法(ECT)の1症例 2018/11
4. 症例報告  ベンゾジアゼピン受容体作動薬の過量服薬後に不穏を呈した1症例 2018/06
5. 総説  【海外と比較したわが国の医療の特徴】 海外と比較した日本のclozapine使用 2018/04
全件表示(83件)
■ 著書
1. 翻訳  「〈電気ショック〉の時代 : ニューロモデュレーションの系譜」 2018/02
2. 部分執筆  第4章 治療抵抗性 CQ4-4 クロザピンを使用しない場合,治療抵抗性統合失調症に対して
修正型電気けいれん療法(m-ECT)は有用か?「統合失調症薬物治療ガイドライン」 2016/06
3. 部分執筆  第2部 向精神薬の使い方のコツと注意点 第1章 抗精神病薬「精神科薬物治療 こんなときどうするべきか」 2015/05
4. 部分執筆  [症例編]Ⅶ 各抗精神病薬の使い方のコツ~有効症例から~ 3.ペロスピロン ペロスピロン投与により不安症状を含めた精神症状の改善が得られた統合失調症の1例「統合失調症ケーススタディー:症例が導く社会復帰・QOL向上への道」 2014/09
5. 部分執筆  第10章 抗精神病薬選択のエビデンス「抗精神病薬プラクティカルガイド」 2013/05
■ 学会発表
1. うつ病性混迷を呈した高齢女性において非けいれん性てんかん発作の合併が疑われた一例 (口頭発表,一般) 2019/01/19
2. 当院救命救急センターにおける精神科常駐医としての取り組み (ポスター,一般) 2018/12/01
3. 身体合併症に配慮した電気けいれん療法(ECT)の症例グループディスカッション (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/11/30
4. 当院精神科病棟における医療保護入院者退院支援委員会について (ポスター,一般) 2018/11/30
5. 【CNP第18回臨床精神神経薬理学セミナー】電気けいれん療法と薬物療法 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/11/16
全件表示(231件)
■ 講師・講演
1. 2010/09 新規睡眠薬ramelteonの有用性(第20回日本臨床精神神経薬理学会,パネリスト)
2. 2012/10 うつ病治療の効果と次の一手~ECTとrTMS~(第22回日本臨床精神神経薬理学会 第42回日本神経精神薬理学会 合同年会,パネリスト)
3. 2012/12 統合失調症の治療戦略~個別化適正医療に向けて~(大阪精神科診療所協会,講師)
4. 2013/11 m-ECTにおける不十分発作時の対応について-発作抑制因子の軽減と増強療法に注目して-(第26回日本総合病院精神医学会総会,パネリスト)
5. 2016/04 社会復帰を目指して ー治療抵抗性と社会復帰をめぐる問題ー(第2回臨床精神薬理教育セミナー,講師)
全件表示(10件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2017~2020  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『無作為比較試験を基にした治療抵抗性統合失調症の生物学的治療アルゴリズム構築と検証』(研究代表者) 
2. 2011~2012  【科学研究費助成事業】若手B『統合失調症個別化治療アルゴリズム構築に向けた第2世代抗精神病薬の無作為比較試験』(研究代表者)4,290,000円 (キーワード:統合失調症、アルゴリズム、薬理遺伝、個別化治療)
3. 2013/04~2015/03  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『統合失調症緊張型に対するm-ECTの生物学的基盤に基づいた治療アルゴリズムの構築』(研究代表者) 
4. 2014/04~2015/03  【日本臨床精神神経薬理学会海外研修助成】『個体差に則った統合失調症個別化治療アルゴリズムの構築と検証』(研究代表者) 
5. 2017/04~  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『無作為比較試験を基にした治療抵抗性統合失調症の生物学的治療アルゴリズム構築と検証』(研究代表者)4,680,000円 
■ 受賞履歴
1. 2011/09 アジア神経精神薬理学会フェローシップ賞受賞
2. 2013/05 関西医科大学同窓会「藤原登美子賞」受賞
3. 2013/10 日本臨床精神神経薬理学会海外研修員受賞
4. 2014/03 慈仁会前期海外研修員受賞
5. 2016/06 PCN reviewer award
全件表示(8件)
■ 研究の専門分野
精神神経科学, 統合失調症, 臨床精神薬理学, 電気けいれん療法 (キーワード:薬理遺伝学、EBM) 
■ 医療上の専門領域
精神神経科学、精神薬理学、薬理遺伝学、電気けいれん療法、老年精神医学、リエゾン精神医学、EBM