(最終更新日:2019-01-19 05:05:01.579874)
  キナシ タツオ   KINASHI TATSUO
  木梨 達雄
   所属   関西医科大学  附属生命医学研究所分子遺伝学部門
   職種   教授
■ 資格・免許
医師  医学博士
■ 専門領域
免疫学・分子生物学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/molgent/index.html
■ 学歴(略歴)
1. 1978/04~1984/03 山口大学 医学部 医学科 卒業
2. 1986/04~1988/03 京都大学 大学院(博士課程) 医学研究科 博士課程修了
■ 所属学会等
1. 1994/01~ 日本免疫学会
∟ 評議員
2. 1998/08~ 日本分子生物学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Visualizing the Rapid and Dynamic Elimination of Allogeneic T Cells in Secondary Lymphoid Organs. 2018/08
2. 総説  自己免疫疾患のイメージング:自己寛容の成立と維持における細胞間相互作用の可視化 2018/04
3. 原著(症例報告除く)  The RacGAP protein FilGAP is a negative regulator of chemokine-promoted lymphocyte migration. 2016/05
4. 原著(症例報告除く)  Sema3e/Plexin D1 Modulates Immunological Synapse and Migration of Thymocytes by Rap1 Inhibition. 2016/04
5. 原著(症例報告除く)  Enhanced cytotoxic T-cell function and inhibition of tumor progression by Mst1 deficiency. 2016/01
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. Roles of Rap1 signaling in immunodeficiency and autoimmunity. (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/12/02
2. Rap1 signaling to NDR1 kinase regulate immune synapse formation and cell polarity. (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/11/02
3. Roles of Rap1 signaling in immune synapse formation and self-tolerance (口頭発表,特別・招待講演等) 2015/12
4. Regulation of Lymphocyte “Stop and Go” via LFA-1 and ICAM-1: Lymphocyte Trafficking Analysis using Live Imaging Techniques (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2013/10
5. 接着制御破綻による自己免疫発症の機序 (口頭発表) 2013/03
全件表示(24件)
■ 講師・講演
1. 2004 Regulation of immune cell trafficking by Rap1/RAPL(The Awaji International Forum of Infection and Immunity,特別講演・記念講演)
2. 2005/12 Regulation of lymphocyte adhesion and cell polarity by RAPL signaling(第35回日本免疫学会,特別講演・記念講演)
3. 2006/01 Roles of Rap1-RAPL in Chemokine-Mediated Immune Cell Migration(Keystone Symposia,特別講演・記念講演)
4. 2006/05 Roles of Rap1-RAPL signaling in immune cell trafficking(20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology,特別講演・記念講演)
5. 2006/12 Regulation of integrin-dependent immune cell trafficking by RAPL signaling.(日本分子生物学会2006フォーラム,特別講演・記念講演)
全件表示(10件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2013/04~2016/03  【科学研究費助成事業】基盤研究(B)『Rap1シグナルと哺乳類Hippoによる細胞接着と増殖の統合的制御』(研究代表者) (キーワード:Rap1、Hippoシグナル 、Mst1 、 インテグリン 、 リンパ球)
2. 2017~2018  【科学研究費助成事業】挑戦的研究(萌芽)『一分子計測によるリンパ球動態制御法の開発』(研究代表者) 
3. 2009/10~  【科学技術振興機構研究費】『接着制御シグナルの破綻と自己免疫疾患』(研究代表者)199,678,000円 
■ 受賞履歴
1. 2005/12 第8回日本免疫学会賞
■ 研究の専門分野
免疫学, 分子生物学 
■ 研究手法
分子生物学的手法を用いた免疫細胞動態制御学