(最終更新日:2021-06-18 05:05:06.206751)
  ヤマザキ フミカズ   YAMAZAKI F.
  山崎 文和
   所属   関西医科大学  皮膚科学講座
   職種   准教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 専門領域
皮膚科全般、紫外線発癌、モデルマウスを用いた悪性黒色腫の作製、解析、メラノサイト・メラニンの機能解析
■ 所属学会等
1. 日本癌学会
2. 日本研究皮膚科学会
3. 日本色素細胞学会
4. 日本皮膚科学会
∟ 専門医
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Development of a new mouse model (xeroderma pigmentosum a-deficient, stem cell factor-transgenic) of ultraviolet B-induced melanoma. 2005
2. 原著(症例報告除く)  XPA gene-deficient, SCF-transgenic mice with epidermal melanin are resistant to UV-induced carcinogenesis. 2004
3. 原著(症例報告除く)  【水疱症】 外傷を契機に発症した水疱性類天疱瘡の1例 2004
4. 原著(症例報告除く)  非ステロイド系消炎鎮痛剤の光毒性,光感作能及び持続性光線過敏に対する検討 2003
5. 原著(症例報告除く)  種-のサイトカインが異常値を示した成人Still病の1例 2002
■ 著書
1. 部分執筆  光免疫「1冊でわかる光皮膚科 : 皮膚科医に必須のPhotodermatology」 2008/04
■ 学会発表
1. 躯幹部皮膚に多発性丘疹をみた1例 (口頭発表,一般) 2007/11
2. 紫外線による免疫抑制と発癌に対する表皮メラノサイトの役割  2004/03
3. 非ステロイド系消炎鎮痛剤による光接触皮膚炎の3例 (口頭発表,一般) 2002/09
4. シェーグレン症候群に生じたスイート症候群の1例 (口頭発表,一般) 2001/11
5. 妊婦に見られた色素性分界線条の3例 (口頭発表,一般) 2001/07
全件表示(7件)
■ 研究の専門分野
放射線科学, 形態、構造 
■ 研究テーマ
1. モデルマウスを用いたメラノサイト・メラニンの機能解析、モデルマウスを用いた悪性黒色腫の作製・解析
実施形態:国内共同研究
■ 医療上の専門領域
皮膚科