(最終更新日:2021-09-24 05:05:06.801468)
  オオエ ソウイチ   OE SOICHI
  大江 総一
   所属   関西医科大学  解剖学講座
   職種   助教
■ 資格・免許
薬剤師  医学博士
■ 専門領域
分子生物学、神経科学、解剖学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/anat1/
■ 学歴(略歴)
1. 1998/04~2002/03 京都薬科大学 薬学部 生物薬学科 卒業
2. 2002/04~2004/03 大阪大学 大学院(修士課程) 医学系研究科 修士課程修了
3. 2004/04~2009/03 大阪大学 大学院(博士課程) 医学系研究科 博士課程単位取得満期退学
■ 所属学会等
1. 2009/04~ 日本解剖学会
2. 2015/04~ 日本神経科学会
3. 2015/04~ 日本組織細胞化学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  AUF1, an mRNA decay factor, has a discordant role in Cpeb1 expression. 2021/01
2. 原著(症例報告除く)  ICOSLG-mediated regulatory T cell expansion and IL-10 production promote progression of glioblastoma. 2020/03
3. 原著(症例報告除く)  Morphological characteristics of p75 neurotrophin receptor-positive cells define a new type of glial cell in the rat dorsal root ganglia. 2019/08
4. 総説  Regulatory non-coding RNAs in nervous system development and disease. 2019/06
5. 原著(症例報告除く)  Involvement of PLAGL1/ZAC1 in hypocretin/orexin transcription. 2019/05
全件表示(12件)
■ 著書
1. 部分執筆  Western blotting 法の基礎と応用「組織細胞化学 2018」 2018
■ 学会発表
1. 虚血脳におけるCYP7A1発現制御メカニズムの解析 (ポスター,一般) 2019/03/27
2. 虚血脳における胆汁酸産生の解析 (ポスター,一般) 2019/03/27
3. CPEB1 undergoes RNA stability control by Auf1 and autologous translational repression via 3' untranslated region. (ポスター,一般) 2018/07/26
4. 翻訳抑制因子CPEB1は3'非翻訳領域を介してAuf1によるRNA安定性制御と自己翻訳抑制をうける (ポスター,一般) 2018/03/30
5. 脳梗塞急性期における胆汁酸生合成 (口頭発表) 2018/03/28
全件表示(12件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2015/04~2018/03  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『FMR1・CPEB1相互翻訳制御機構に注目した脆弱X症候群治療標的分子の同定』(研究代表者)3,900,000円 
2. 2018~2021  【科学研究費助成事業】若手研究『虚血応答因子としての脳由来胆汁酸の生理的意義の解明』(研究代表者) 
3. 2021~2023  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『脳由来胆汁酸の機能解明と脳梗塞新規治療デザイン確立への応用』(研究代表者) 
■ 受賞履歴
1. 2012/03 自治医大最優秀教員賞
2. 2014/09 自治医大シンポジウム優秀ポスター賞
3. 2015/04 第33回加多乃賞
4. 2016/04 第9回丹家雛子賞
5. 2020/04 第18回北西壽子賞