(最終更新日:2021-09-24 05:05:06.801468)
  タナカ ススム   TANAKA SUSUMU
  田中 進
   所属   関西医科大学  解剖学講座
   職種   准教授
■ 資格・免許
医学博士
■ 専門領域
解剖学、神経科学、睡眠科学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/anat1/TopAnat.html
■ 学歴(略歴)
1. 1999/04~2003/03 大阪大学 大学院(博士課程) 医学系研究科 博士課程修了
■ 職歴(略歴)
1. 2003/04~2004/09 生物情報解析研究センター
2. 2004/10~2009/09 東京都精神医学総合研究所
3. 2009/10~2015/02 東京都医学総合研究所
4. 2015/03~2017/04 関西医科大学 医学部 講師
5. 2017/05~ 関西医科大学 医学部 准教授
■ 所属学会等
1. 2018/04~ 日本神経内分泌学会
2020/11~ ∟ 評議員
2. 2020/05~ 日本生殖医学会
3. 2004/04~ 日本睡眠学会
4. 2009/04~ 日本神経化学会
全件表示(9件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 総説  Immune Tolerance of the Human Decidua 2021/01
2. 原著(症例報告除く)  AUF1, an mRNA decay factor, has a discordant role in Cpeb1 expression. 2021/01
3. 総説  副腎皮質におけるヘッジホッグシグナル経路 -Desert Hedgehog の発見- 2020/12
4. 原著(症例報告除く)  The transcription factor HAND2 up-regulates transcription of the IL15 gene in human endometrial stromal cells 2020/07
5. 総説  【睡眠時無呼吸症候群:基礎から臨床】全身疾患としての睡眠障害 機序と臨床 免疫異常 2020/02
全件表示(66件)
■ 著書
1. 部分執筆  Western blotting 法の基礎と応用「組織細胞化学 2018」 2018
■ 学会発表
1. グリオーマモデルマウスにおける癌幹細胞マーカー分子SSEA-1 (ポスター,一般) 2021/03/30
2. ヒト子宮内膜間質細胞でのHAND2によるIL15の転写制御 (ポスター,一般) 2021/03/30
3. Array tomographyとCLEMを用いた神経突起周囲サテライトグリア細胞の観察 (ポスター,一般) 2021/03/28
4. 質量顕微鏡を使った腎臓における硫酸化糖脂質分子種の同定と可視化 (ポスター) 2021/03/28
5. グリオーママルチレイヤーモデルに基づいた腫瘍関連マクロファージ/ミクログリアのサブタイプ解析 (ポスター,一般) 2020/03/26
全件表示(90件)
■ 講師・講演
1. 2018/08 「Western blotting法の基礎と応用」(第43回 組織細胞化学講習会,講師)
2. 2018/07 ナルコレプシーにおける免疫機序の関与(日本睡眠学会第43回定期学術集会,講師)
3. 2015/02 過眠症ナルコレプシーとオレキシン.(第25回日本臨床化学会近畿支部総会,講師)
4. 2014/09 過眠症ナルコレプシーの病態研究とオレキシン(関西医科大学大学院講座第693講)
5. 2014/07 哺乳類の睡眠制御へのタンパク質分解経路の関与.(第39回日本睡眠学会Data Blitz)
全件表示(9件)
■ バイオデータベース
1. 2003/07
BAB40233.2
GenBank
2. 2003/07
BAB40234.2
GenBank
3. 2003/07
BAB40235.1
GenBank
■ 産業財産権
1. 2003/09/10 下垂体特異的遺伝子の使用法(特開2003-252801)
2. 2006/11/30 表現系に関連する候補遺伝子の探索システム(特開2006-323830)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2021~2023  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『子宮内膜免疫寛容の転写制御機構を解明する』(研究分担者) 
2. 2020/04~2021/03  橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズA)『A-170 低異型度尿路上⽪内腫瘍の診断法の開発』(研究代表者)5,200,000円 
3. 2020~2022  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『浸潤性膀胱癌における新規治療ターゲットとしての一次繊毛』(研究分担者) 
4. 2019~2021  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『単一細胞解析による覚醒制御機構の解明』(研究代表者)3,400,000円 
5. 2018  【助成団体からの研究助成金】『単一細胞解析による覚醒制御メカニズムの解明』(研究代表者)2,000,000円 
全件表示(19件)
■ 受賞履歴
1. 2021/01 関西医科大学 令和二年度 関西医科大学教員評価優秀賞
2. 2019/05 関西医科大学加多乃会 第12回令和元年度「丹家雛子賞」
3. 2017/12 関西医科大学 平成29年度関西医科大学教員評価優秀賞
4. 2017/05 関西医科大学 同窓会 第15回櫻根啓子賞
5. 2016/12 関西医科大学 平成28年度関西医科大学教員評価優秀賞
全件表示(9件)