(最終更新日:2017-12-14 05:05:01.633089)
  マツダ サトシ   MATSUDA SATOSHI
  松田 達志
   所属   関西医科大学  医学部
   職種   准教授
■ 資格・免許
博士(理学)
■ 専門領域
免疫学・細胞生物学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/bioinfo/
■ 所属学会等
1. 1991/04~ 日本細胞生物学会
2. 1991/04~ 日本生化学会
3. 1991/04~ 日本分子生物学会
4. 1996/04~ 日本免疫学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Critical role of class IA PI3K for c-Rel expression in B lymphocytes 2009/01
2. 原著(症例報告除く)  Mammalian target of rapamycin and glycogen synthase kinase 3 differentially regulate lipopolysaccharide-induced interleukin-12 production in dendritic cells. 2008/08
3. 原著(症例報告除く)  ERK5 is involved in TCR-induced apoptosis through the modification of Nur77. 2008/05
4. 原著(症例報告除く)  The p85α regulatory subunit of class IA phosphoinositide 3-kinase regulates β-selection in thymocyte development. 2007/02
5. 原著(症例報告除く)  Negative feedback loop in T-cell activation through MAPK-catalyzed threonine phosphorylation of LAT. 2004/07
全件表示(22件)
■ 著書
1. 部分執筆  MAP kinase「炎症・再生医学事典」 2009/06
2. 部分執筆  TLR刺激樹状細胞からのIL-12生産におけるシグナル伝達「臨床免疫・アレルギー科」 2007/03
3. その他  フローサイトメトリーの原理、技術革新「臨床検査」 2007/09
4. 部分執筆  機能を維持したままのサイトカイン産生細胞測定と分離法「メディカル・サイエンス・ダイジェスト」 2006/07
5. 部分執筆  T細胞レセプター遺伝子とシグナル伝達「三輪血液病学(第3版)」 2006
全件表示(21件)
■ 学会発表
1. クラスIA PI3キナーゼはB細胞におけるNF-κBシグナルの活性化に必須である (口頭発表) 2009/07
2. mTOR and GSK3 differentially regulate LPS-induced IL-12 production in dendritic cells (ポスター) 2008/10
3. T細胞におけるIL-2発現に関わるPI3Kγの役割 (口頭発表) 2008/06
4. Class IA PI3K経路はB細胞におけるc-Relの発現制御に関与している (口頭発表) 2008/04
5. Suppressive effects of CD4+CD25+ regulatory T cells in Pemphigus Vulgaris model mice (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2007/11
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2006 B細胞の分化・増殖過程におけるclassIA PI3Kの役割(東京・大阪)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2003  PI3Kを標的としたアレルギー性疾患治療の可能性について 助成団体からの研究助成金 
2. 2004  JNK経路によって制御される細胞応答の多様性の解明 助成団体からの研究助成金 
3. 2004/04~2007/03  SPRY1によるT細胞活性化の時間的制御機構の解明 科学研究費助成事業 
4. 2004/04~2006/03  T細胞における負のフィードバック機構の網羅的解析 科学研究費助成事業 
5. 2006/04~2008/03  PI3K経路を標的としたがん免疫制御 科学研究費助成事業 
全件表示(11件)
■ 受賞履歴
1. 2009/05 第2回 丹家雛子賞
■ 研究の専門分野
免疫学, 細胞生物学, 分子生物学 
■ 研究テーマ
1. 2007/07
免疫系におけるMAPK経路の機能解析
実施形態:個人研究
2. 2007/07
免疫系におけるPI3K経路の役割
実施形態:個人研究
■ 研究手法
各種遺伝子改変マウスを用いた解析
■ 共同研究のシーズとニーズ
1. MAPK経路・PI3K経路を標的とした免疫制御法の開発