(最終更新日:2024-06-13 05:05:06.949584)
  カリヤ シユウジ   KARIYA SHUJI
  狩谷 秀治
   所属   関西医科大学  放射線科学講座
   職種   准教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 専門領域
インターベンショナル・ラジオロジー
■ ホームページ URL・researchmap等
   http://www3.kmu.ac.jp/radiol/hirakata_ivr.html
■ 学歴(略歴)
1. 1988/04~1994/03 関西医科大学 医学部 医学科 卒業 医学博士
■ 職歴(略歴)
1. 2003/08~2003/10 関西医科大学附属病院 助手(定員外)
2. 2003/11~2007/03 関西医科大学 医学部 助手
3. 2007/04~2009/01 関西医科大学 医学部 助教
4. 2009/01~2015/02 関西医科大学 医学部 講師
5. 2015/03~2025/12 関西医科大学 医学部 准教授
■ 所属学会等
1. 1994~ 日本医学放射線学会
2001 ∟ 放射線科診断専門医
2. 2003~ 日本インターベンショナルラジオロジー学会
2009 ∟ IVR専門医
2011~ ∟ 代議員
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  In Vivo Sonoporation Effect Under the Presence of a Large Amount of Micro-Nano Bubbles in Swine Liver 2024/06
2. その他  【STOP! 脊椎脊髄外科における放射線被曝】各種検査における患者およびメディカルスタッフの被曝について 2023/09
3. その他  【適応拡大の今こそ知りたいRFA】骨軟部悪性腫瘍に対するRFA 2023/09
4. 原著(症例報告除く)  難治性腹水を生ずるA-P shuntを伴う超巨大肝血管腫に対する集学的治療経験 2023/04
5. 総説  ワンポイントアドバイス IVR編:IVRの被曝防護 2023
全件表示(188件)
■ 著書
1. 部分執筆  各種検査における患者およびメディカルスタッフの被曝について(解説)「【STOP! 脊椎脊髄外科における放射線被曝】」 2023/09
2. 部分執筆  特集1 適応拡大の今こそ知りたいRFA
骨軟部悪性腫瘍に対するRFA「臨床画像 2023年 9月号」 2023/09
3. 部分執筆  ワンポイントアドバイス IVR編:IVRの被曝防護「JCR News」 2023
4. 部分執筆  各種検査における患者およびメディカルスタッフの被曝について「脊椎脊髄」 2023
5. 部分執筆  腹部リンパ漏「IVRのすべて」 2021/03
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 出血性ショック (口頭,一般) 2024/03/08
2. 産科出血のIVR (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2023/12/02
3. 術後乳び胸水 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2023/10/26
4. 術後乳び胸水 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2023/10/20
5. リンパ系IVR (口頭,特別講演・招待講演など) 2023/10/07
全件表示(533件)
■ 産業財産権
1. 2013/10/04 医療用器具及び管腔臓器連通用キット(第5377151号)
2. 2013/10/04 放射線シールド装置(第5376367号)
3. 2014/02/14 X線造影用マイクロバブル造影剤製造装置(第5470630号)
4. 2015/10/01 カテーテル誘導用皮下貫通用具(WO/2015 /145768)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2004/04~2006/03  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『外科的透析内シャント作成術に代わる新しい経皮的内シャント作成術の開発』(研究代表者)2,600,000円 
2. 2006/09~2007/01  【学内研究助成】学内D『画像ガイド下による管腔臓器間の経皮的生体内バイパス術の開発』(研究代表者)250,000円 
3. 2007/04~2009/03  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『経皮的生体内管腔臓器バイパス術の開発』(研究分担者)3,500,000円 
4. 2008~2009  【科学技術振興機構研究費】技術移転支援センター事業良いシーズをつなぐ知の連携システム『マイクロバブル化炭酸ガスを使用したエックス線診断用造影剤の開発』(研究代表者)3,000,000円 
5. 2009/04~  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『マイクロバブル化炭酸ガスを用いた超短時間型塞栓剤の開発』(研究分担者)4,160,000円 
全件表示(9件)
■ 受賞履歴
1. 2006 関西医科大学 第 24 回関西医科大学同窓会50周年記念研究助成「加多乃賞」受賞
■ 研究の専門分野
インターベンショナル・ラジオロジー