(最終更新日:2022-09-27 05:05:06.727269)
  オザキ ヨシオ   OZAKI YOSHIO
  尾崎 吉郎
   所属   関西医科大学  内科学第一講座
   職種   准教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 専門領域
膠原病・膠原病関連疾患
■ ホームページ URL
   http://www.kmu.ac.jp/depts/intro/im1.html
■ 所属学会等
1. 1993/04~ 日本内科学会
1997 ∟ 日本内科学会認定内科医
2011/12~ ∟ 日本内科学会近畿地方支部評議員
2. 日本サイトメトリー学会
2019/03 ∟ プログラム委員
全件表示(12件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. その他  膠原病関連血管炎によるびまん性肺胞出血に対してairway pressure-release ventilationを補助療法として使用し著効を認めた3症例 2011/09
2. 原著(症例報告除く)  A case of rheumatoid pericarditis associated with a high IL-6 titer in the pericardial fluid and tocilizumab treatment. 2011/06
3. 原著(症例報告除く)  生物学的製剤導入に対する地域医療連携パス稼働下での生物学的製剤の選択および継続率 2011/06
4. その他  タクロリムスとミコフェノール酸モフェチルの併用療法が奏功した多剤抵抗性の全身性エリテマトーデスの一例 2010/09
5. 原著(症例報告除く)  ロキソプロフェンナトリウム水和物含有貼付剤(ロキソニンテープ)の使用感に関する患者調査-関節リウマチ患者に対するアンケートによる検討- 2010/06
全件表示(28件)
■ 学会発表
1. 広範な凝固因子欠乏による出血傾向を呈した全身性エリテマトーデスの一例 (ポスター掲示,一般) 2011/12
2. 治療に難渋するベーチェット病の一例 (口頭,一般) 2011/12
3. 複数の凝固因子抗体による出血傾向を呈した全身性エリテマトーデスの1例 (口頭,一般) 2011/12
4. 関節リウマチ(RA)患者の生物学的製剤投与による血清サイトカインの変化 (口頭,一般) 2011/11
5. 関節リウマチ患者に対してのTocilizumab療法におけるHAQとの相関を示す疾患活動性評価・臨床検査値の検討 (抄録のみ,一般) 2011/11
全件表示(115件)
■ 受賞履歴
1. 2011/07 日本リウマチ学会 第55回 日本リウマチ学会総会・学術集会ポスター賞
2. 2012/11 日本臨床リウマチ学会 臨床リウマチ学会雑誌優秀論文賞
■ 研究の専門分野
自己免疫性疾患の免疫寛容破綻, 自己免疫性疾患の免疫寛容破綻 
■ 研究テーマ
1. 1998/04
2003/10
HLAと疾患感受性に関しての研究
実施形態:個人研究
2. 1999/04
2006/03
シェーグレン症候群における樹状細胞の関わりに関しての研究
実施形態:個人研究
3. 2006/04
生物学的製剤による関節リウマチのサイトカイン変動についての研究
実施形態:個人研究
4. 2006/04
自己免疫性疾患の免疫寛容の破綻に関する研究
実施形態:個人研究
■ 医療上の専門領域
膠原病およびリウマチ性疾患の内科的治療