(最終更新日:2022-09-27 05:05:06.727269)
  イトウ トモキ   ITOU TOMOKI
  伊藤 量基
   所属   関西医科大学  内科学第一講座
   職種   教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 専門領域
血液学 免疫学
■ 職歴(略歴)
1. 2007/04~2011/04 関西医科大学 医学部 講師
■ 所属学会等
1. 1993~ 日本血液学会
∟ 代議員
2011 ∟ 専門医
2. 1994~ 日本リンパ網内系学会
1994~ ∟ 将来構想委員
全件表示(13件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. その他  Cellular and Molecular Mechanisms of TSLP Function in Human Allergic Disorders - TSLP Programs the "Th2 code" in Dendritic Cells. 2012/03
2. 原著(症例報告除く)  Amelioration of 2,4,6-trinitrobenzene sulfonic acid-induced colitis in mice by immunoregulatory dendritic cells. 2011/12
3. その他  樹状細胞サブセットによるIL-10産生Tr1細胞誘導の免疫制御 2011/11
4. その他  スタチンと血管 樹状細胞によるインターフェロン誘導とスタチンの抑制効果 2011/09
5. その他  膠原病関連血管炎によるびまん性肺胞出血に対してairway pressure-release ventilationを補助療法として使用し著効を認めた3症例 2011/09
全件表示(64件)
■ 著書
1. その他  形質細胞様樹状細胞によるIL-10産生レギュラトリーT細胞の誘導「臨床免疫・アレルギー科」 2010/04
■ 学会発表
1. 広範な凝固因子欠乏による出血傾向を呈した全身性エリテマトーデスの一例 (ポスター掲示,一般) 2011/12
2. 複数の凝固因子抗体による出血傾向を呈した全身性エリテマトーデスの1例 (口頭,一般) 2011/12
3. Importance of chemokines system between human BDCA3+ dendritic cells and NK cells in innate cytotoxic response (ポスター掲示,一般) 2011/11
4. NSAIDsによる薬疹とともに発症した後天性血友病
ーALP偽高値を伴う症例の臨床検査医学的解析ー (口頭,一般) 2011/11
5. 関節リウマチ(RA)患者の生物学的製剤投与による血清サイトカインの変化 (口頭,一般) 2011/11
全件表示(111件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2007  【助成団体からの研究助成金】『Imidazoquinolineを用いたアレルギー性免疫応答における樹状細胞制御及び機能変換の解析』(研究代表者) 
2. 2008/04~2009/03  【助成団体からの研究助成金】『Imidazoquinolineを用いたアレルギー性疾患治療療法の開発』(研究代表者) 
3. 2009  【助成団体からの研究助成金】平成21年度医学研究助成費『I型インターフェロン制御を目的としたトロンボモジュリンの抗炎症作用機序の解明』(研究代表者)1,500,000円 
4. 2009/04~2010/03  【助成団体からの研究助成金】『I型インターフェロン制御を目的としたトロンボモジュリンの抗炎症作用機序の解明』(研究代表者) 
5. 2009/04~2011/03  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『免疫調節分子OX40リガンドを標的とした炎症性疾患治療への試み』(研究代表者)3,640,000円 
全件表示(10件)
■ 受賞履歴
1. 1999 第39回日本リンパ網内系学会総会学会奨励賞(臨床部門)
■ 研究の専門分野
免疫学, 膠原病/アレルギー 
■ 研究テーマ
1. 1996/06
ヒト樹状細胞の基礎的および臨床的研究
実施形態:機関内共同研究
■ 医療上の専門領域
血液膠原病内科