(最終更新日:2024-03-05 05:05:06.169883)
  カイボリ マサキ   KAIBORI MASAKI
  海堀 昌樹
   所属   関西医科大学  外科学講座
   職種   診療教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 専門領域
肝胆膵外科、移植外科
■ 所属学会等
1. 1991/06~ 日本外科学会
∟ 専門医、指導医
2. 1991/06~ 日本消化器外科学会
∟ 専門医、指導医
2008 ∟ 消化器癌外科治療認定医
全件表示(45件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  α-FAtE: A new predictive score of response to atezolizumab plus bevacizumab for unresectable hepatocellular carcinoma 2024/03
2. 原著(症例報告除く)  Comparison of prognostic impact of atezolizumab plus bevacizumab versus lenvatinib in patients with intermediate-stage hepatocellular carcinoma 2024/01
3. 原著(症例報告除く)  Comparing the impact of atezolizumab plus bevacizumab and lenvatinib on the liver function in hepatocellular carcinoma patients: A mixed-effects regression model approach 2023/12
4. 原著(症例報告除く)  Impact of Trinal Histological Glandular Differentiation Grade on the Prognosis of Patients with Intrahepatic Cholangiocarcinoma: a Multicenter Retrospective Study 2023/12
5. 原著(症例報告除く)  Comparative analysis of the therapeutic outcomes of atezolizumab plus bevacizumab and lenvatinib for hepatocellular carcinoma patients aged 80 years and older: Multicenter study 2023/11
全件表示(397件)
■ 著書
1. その他  肝胆膵がんの名医「最新治療データで探す名医のいる病院2023」 2023/01
2. 部分執筆  Ⅰ術中蛍光イメージングの基本[導入編]1 臨床使用可能な蛍光試薬(種類と特徴)「術中蛍光イメージング実践ガイド ラボからオペ室まで」 2020/10
3. 部分執筆  06 機器を用いた止血法④ ラジオ凝固「内視鏡外科手術 役立つテクニック100」 2020/10
4. 部分執筆  高齢者がん診療指針策定に必要な基盤整備に関する研究「高齢者がん医療Q&A 臓器別編」 2020/10
5. 部分執筆  第6章 肝癌の治療 C.肝癌治療の実際 高齢者に対する外科治療「肝癌診療マニュアル第4版」 2020/04
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. 肝膿瘍を契機に診断された肝細胞癌の一例 (口頭) 2023/09/30
2. 切除府の肝細胞癌に対する一時治療の治療効果と有害事象の比較検討 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2023/09/30
3. 後上領域肝細胞癌の手術成績と長期成績に対する腹腔鏡下肝切除の意義 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(その他)) 2022/12
4. 80歳以上の高齢者に対する肝切除後治療成績-術後1年後に自立生活を困難にする要因の解析- (口頭,一般) 2022/11
5. 外科医が行うべき切除不能胆道癌に対する化学療法と緩和医療 (ポスター掲示,一般) 2022/11
全件表示(996件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 1999~2001  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『Hepatocyte growth factorによるエンドトキシン血症治療』(研究分担者)3,500,000円 (キーワード:肝細胞増殖因子、エンドトキシン血症)
2. 2001~2001  【科学研究費助成事業】奨励研究(A)『肝硬変の肝部分切除による肝細胞増殖因子(HGF)の発現に関する研究』(研究代表者)900,000円 (キーワード:肝硬変、肝細胞増殖因子)
3. 2002~2002  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『肝硬変の肝部分切除による肝細胞増殖因子(HGF)の発現に関する研究』(研究代表者)800,000円 (キーワード:肝硬変、肝細胞増殖因子)
4. 2002~2004  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『免疫抑制剤FK506のグラフト肝保護作用の解析』(研究分担者)3,400,000円 (キーワード:FK506、グラフト肝)
5. 2004~2006  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『Pirfenidoneによる障害肝保護作用の解析』(研究代表者)3,500,000円 (キーワード:Pirfenidone、障害肝保護作用)
全件表示(14件)
■ 受賞履歴
1. 1998/07 The Transplantation Society 17th World Congress 学会賞
2. 2005/07 日本外科代謝栄養学会 学会賞
3. 2006/10 第14回日本消化器関連学会(DDW-Japan) ポスターセッション優秀賞
4. 2006/10 Medical Tribune 国内学会速報 第10回日本肝臓学会ハイライトニュース 国内学会速報 第10回日本肝臓学会ハイライトニュース
5. 2008/03 The 18th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver 学会賞
全件表示(13件)