(最終更新日:2023-01-28 05:05:06.618645)
  ウエダ ヨシヒロ   UEDA YOSHIHIRO
  植田 祥啓
   所属   関西医科大学  附属生命医学研究所分子遺伝学部門
   職種   講師
■ 資格・免許
博士(農学)
■ 専門領域
免疫学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/molgent/index.html
■ 所属学会等
1. 1996~ 日本免疫学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 総説  LFA1 Activation: Insights from a Single-Molecule Approach 2022/05
2. 原著(症例報告除く)  Kindlin-3 disrupts an intersubunit association in the integrin LFA1 to trigger positive feedback activation by Rap1 and talin1 2021/06
3. 総説  MST1/2 Balance Immune Activation and Tolerance by Orchestrating Adhesion, Transcription, and Organelle Dynamics in Lymphocytes 2020/05
4. 原著(症例報告除く)  Live-Cell FRET Imaging Reveals a Role of Extracellular Signal-Regulated Kinase Activity Dynamics in Thymocyte Motility. 2018/11
5. 原著(症例報告除く)  Mode of Tolerance Induction and Requirement for Aire Are Governed by the Cell Types That Express Self-Antigen and Those That Present Antigen 2017/12
全件表示(27件)
■ 著書
1. 部分執筆  「免疫学ハンドブック」 2005/10
2. 部分執筆  「食品とからだ ―免疫・アレルギーのしくみ―」 2003/01
■ 学会発表
1. Differential requirement of Rap1 and integrin adaptors for distinct modalities of T cell adhesion under shear flow (口頭,一般) 2021/12/08
2. Kindlin-3 breaks of integrin LFA-1 inhibitory clasp to promote positive feedback activation of LFA-1 by talin1 and Rap1 (ポスター掲示,一般) 2021/12/08
3. Rap1 facilitates T cell polarity via spatial regulation of MLC and ARAP1 (ポスター掲示,一般) 2021/12/08
4. Rap1 accelerates T cell polarity formation via the enhancement of Rho-Rock pathways (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2019/12/12
5. W747 talin1 binding site in cytoplasmic domain of the integrin beta2 subunit is crucial for Tcell migration and activation (口頭,一般) 2018/12/10
全件表示(18件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2020~2022  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『動態制御シグナルRap1によるNKT細胞の産生の時空間的制御』(研究代表者) 
2. 2016~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『細胞動態制御分子Rap1による胸腺制御性T細胞産生シグナルの時空間的制御』(研究代表者) 
3. 2013/04~2015/03  【科学研究費助成事業】新学術領域研究(蛍光生体イメージ)『自己反応性T細胞の胸腺組織内3次元機能的動態イメージング』(研究代表者)10,660,000円 (キーワード:Imaging)
4. 2011/04~2013/03  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『Rap1シグナルによる胚中心B細胞の動態調節の研究』(研究代表者)4,290,000円 
5. 2009/04~2011/03  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『Mst1欠損マウスにおける免疫細胞の接着異常による自己免疫疾患の発症機構の解明』(研究代表者)4,290,000円 
■ 研究の専門分野
免疫学, 細胞生物学 (キーワード:リンパ球の分化 インテグリン 細胞遊走)