(最終更新日:2024-02-22 05:05:06.723812)
  ウエダ ヨシヒロ   UEDA YOSHIHIRO
  植田 祥啓
   所属   関西医科大学  附属生命医学研究所分子遺伝学部門
   職種   准教授
■ 資格・免許
博士(農学)
■ 専門領域
免疫学
■ ホームページ URL・researchmap等
   http://www3.kmu.ac.jp/molgent/index.html
■ 所属学会等
1. 1996~ 日本免疫学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Distinct bidirectional regulation of LFA1 and α4β7 by Rap1 and integrin adaptors in T cells under shear flow 2023/06
2. 総説  LFA1 Activation: Insights from a Single-Molecule Approach 2022/05
3. 原著(症例報告除く)  Kindlin-3 disrupts an intersubunit association in the integrin LFA1 to trigger positive feedback activation by Rap1 and talin1 2021/06
4. 総説  MST1/2 Balance Immune Activation and Tolerance by Orchestrating Adhesion, Transcription, and Organelle Dynamics in Lymphocytes 2020/05
5. 原著(症例報告除く)  Live-Cell FRET Imaging Reveals a Role of Extracellular Signal-Regulated Kinase Activity Dynamics in Thymocyte Motility. 2018/11
全件表示(34件)
■ 著書
1. 部分執筆  「免疫学ハンドブック」 2005/10
2. 部分執筆  「食品とからだ ―免疫・アレルギーのしくみ―」 2003/01
■ 学会発表
1. Rap1-Talin1 axis facilitates front-back cell polarity independent of talin1 binding to integrins in lymphocyes (ポスター掲示,一般) 2024/01/18
2. Distinct binding properties of integrin adaptors talin1 and kindlin-3 to LFA1 and α4 integrins modulate adhesive responses in static and shear-flow conditions. (WS22-09-O/P) (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2022/12/09
3. Rap1 facilitates cell polarization via RhoA signaling in T cells, The 51st Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology (WS17-09-O/P) (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2022/12/09
4. Subsecond Rap1 activation by outside-in signaling of LFA1/ICAM1 interactions strengthens L-selectin mediated rolling of T cells (WS22-17-P) (ポスター掲示,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2022/12/09
5. The critical role of Rap1GAPs in T cell recirculation and egress from lymph node. (WS01-18-P) (ポスター掲示,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)) 2022/12/07
全件表示(50件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2023/04~  【科学研究費助成事業】基盤C『Rap1によるインテグリン非依存的T細胞活性化機構の解明』(研究代表者) 
2. 2020~2022  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『動態制御シグナルRap1によるNKT細胞の産生の時空間的制御』(研究代表者) 
3. 2016~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『細胞動態制御分子Rap1による胸腺制御性T細胞産生シグナルの時空間的制御』(研究代表者) 
4. 2013/04~2015/03  【科学研究費助成事業】新学術領域研究(蛍光生体イメージ)『自己反応性T細胞の胸腺組織内3次元機能的動態イメージング』(研究代表者)10,660,000円 (キーワード:Imaging)
5. 2011/04~2013/03  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『Rap1シグナルによる胚中心B細胞の動態調節の研究』(研究代表者)4,290,000円 
全件表示(6件)
■ 研究の専門分野
免疫学, 細胞生物学 (キーワード:リンパ球の分化 インテグリン 細胞遊走)