(最終更新日:2022-09-28 05:05:01.943357)
  ナカムラ トモユキ   NAKAMURA T.
  中邨 智之
   所属   関西医科大学  薬理学講座
   職種   教授
■ 資格・免許
医師  博士(医学)
■ 専門領域
分子生物学、細胞生物学、分子薬理学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/pharmac/
■ 公的委員会・協会等
1. 2011/04/19~ A-STEP探索タイプ審査委員/独立行政法人科学技術振興機構
2. 2012/12/01~2013/11/30 科研費審査委員/日本学術振興会
3. 2015/01~2015/12 日本学術振興会 科学研究費専門委員
4. 2015/04~2017/03 独立行政法人科学技術振興機構 A-STEP探索タイプ審査委員
5. 2016/12/01~2017/11/30 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
全件表示(7件)
■ 所属学会等
1. 日本循環器学会
2. 日本内科学会
3. 日本薬理学会
∟ 評議員
4. 日本結合組織学会
全件表示(9件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  A matricellular protein fibulin-4 is essential for the activation of lysyl oxidase 2020/11
2. 原著(症例報告除く)  Serum latent transforming growth factor-β binding protein 4 as a novel biomarker for idiopathic pleuroparenchymal fibroelastosis 2020/09
3. 原著(症例報告除く)  Identification of Differential Roles of MicroRNA-33a and -33b During Atherosclerosis Progression With Genetically Modified Mice. 2019/07
4. 原著(症例報告除く)  Developmental and age-related changes to the elastic lamina of Bruch's membrane in mice. 2019/02
5. 症例報告  Case of late-onset focal dermal elastosis. 2018/12
全件表示(63件)
■ 学会発表
1. The role of DANCE/fibulin-5 and its cleavage in elastic fiber assembly (口頭,特別講演・招待講演など) 2008/07
2. 弾性線維の劣化が老化を招く!? (口頭,特別講演・招待講演など) 2008/07
3. 背部弾性線維腫の2症例およびその分子生物学的検討 (口頭,一般) 2008/04
4. GABA-C受容体による下垂体ホルモン分泌調節 (ポスター掲示,一般) 2008/03
5. LTBP-2はDANCE/fibulin-5と結合して弾性線維形成を調節する (ポスター掲示,一般) 2008/03
全件表示(17件)
■ 講師・講演
1. 2001/07 Dancing aorta: a new mouse model with disorganized elastic fibers.(Gordon Conference on Elastin and Elastic Fiber,講師)
2. 2005/06 弾性線維形成と再生の分子機構(第12回皮膚創傷治癒フォーラム,特別講演・記念講演)
3. 2005/08 Molecular mechanisms of elastic fiber organization by DANCE/fibulin-5.(Gordon Conference on Elastin and Elastic Fiber,講師)
4. 2006/07 DANCE/fibulin-5 has an elastogenic activity which is inactivated by aging-associated proteolytic cleavage.(The 4th European Meeting on Elastin,講師)
5. 2007/05 弾性線維形成におけるDANCE/fibulin-5の役割(第39回日本結合組織学会・第54回マトリックス研究会合同学術集会,講師)
全件表示(10件)
■ バイオデータベース
1. 1998/12
AF112151
NCBI
2. 1998/12
AF112152
NCBI
3. 1998/12
AF112153
NCBI
■ 産業財産権
1. 2010/02/12 切断型DANCE、DANCE複合体、及びこれらを用いる方法(第4452840号)
2. 2012/07/06 DANCEまたはその発現を増強する因子による弾性線維再生の方法(第5032973号)
3. 2015/01/09 弾性線維再生剤、弾性線維の再生方法およびスクリーニング方法(第5673912号)
4. 2015/01/16 DANCEタンパク質含有組織再生用基材(第5679684号)
5. 2015/07/03 DANCEタンパク質溶液(第5769379号)
全件表示(6件)
■ 受賞履歴
1. 2008/04 東京テクノ・フォーラム21 東京テクノ・フォーラム21 ゴールドメダル
■ 研究の専門分野
医化学, 薬理学, 循環器内科学, 分子生物学, 細胞生物学, 発生生物学 
■ 研究テーマ
1.   弾性線維形成の分子機構の研究
実施形態:国内共同研究
■ 研究手法
遺伝子改変マウス、細胞培養、タンパク質精製