(最終更新日:2022-09-28 05:05:01.943357)
  ヒラハラ ユキエ   HIRAHARA YUKIE
  平原 幸恵
   所属   関西医科大学  基礎看護学領域
   職種   教授
■ 資格・免許
博士(医学)
■ 専門領域
神経科学 神経解剖学 組織細胞学
■ 学歴(略歴)
1. 1990/04~1994/03 愛知教育大学 教育学部 卒業
2. 1994/04~1996/03 愛知教育大学 大学院(修士課程) 修士課程修了
3. 1996/04~2000/03 大阪大学 大学院(博士課程) 医学研究科 博士課程修了 博士 (医学)
■ 職歴(略歴)
1. 2000/04~2001/10 母子保健総合医療センター研究所
2. 2001/11~2002/12 トロント大学
3. 2003/05~2008/03 トロント小児病院
4. 2008/04~2010/03 京都府公立大学法人
5. 2010/04~2017/04 関西医科大学 医学部 助教
全件表示(7件)
■ 所属学会等
1. 2007~ 日本神経科学会
2. 2009~ 日本組織細胞化学会
2017/09~ ∟ 評議員
3. 2010~ 日本解剖学会
4. 2015~ 日本医用マススペクトル学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  The Localization and Non-Genomic Function of the Membrane-Associated Estrogen Receptor In Oligodendrocytes. 2009/01
2. 総説  Steroid receptor signalling in the brain--lessons learned from molecular imaging. 2008/01
3. 原著(症例報告除く)  Signal Transduction Pathways Involved on Interaction of Galactosylceramide/Sulfatide-Containing Liposomes with Cultured Oligodendrocytes and Requirement for Myelin Basic Protein and Glycosphingolipids 2008/03
4. 原著(症例報告除く)  Cpeb1 expression is post-transcriptionally regulated by AUF1, CPEB1, and microRNAs 2022/01
5. 原著(症例報告除く)  Distribution, fine structure, and three-dimensional innervation of lamellar corpuscles in rat plantar skin 2021/12
全件表示(33件)
■ 学会発表
1. Silencing of miR-505 suppresses the malignant phenotype in glioma stem cells by targeting AUF1. (口頭,一般) 2022/03/28
2. 腎集合管に局在する2つのヒドロキシル基を持つ特殊なスルファチド分子種の同定 (ポスター掲示,一般) 2022/03/28
3. 末梢神経におけるスルファチド分子種の挙動と作用機序の検討 (ポスター掲示) 2022/03/28
4. イモリ脊髄再生におけるトランスクリプトーム解析 -イモリから学ぶ再生原理- (口頭,一般) 2022/03/27
5. ラット足底皮膚の層板小体の分布と接地部位の相関 (ポスター掲示,一般) 2022/03/27
全件表示(92件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2003/07~2005/06  【助成団体からの研究助成金】『The research training competition funding of The Hospital for Sick Children (Analysis of the signaling pathway from estrogen liganded-membrane associated receptor on oligodendrocyte)』(研究代表者) 
2. 2005/07~2008/06  【助成団体からの研究助成金】『Research grant award of Multiple Sclerosis Society of Canada (Analysis of the signaling pathway from estrogen liganded-membrane associated receptor during oligodendrocyte development and myelin formation)』(研究代表者) 
3. 2014/04~2017/03  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『質量顕微鏡によるオリゴデンドロサイト分化マーカーの可視化』(研究代表者)4,030,000円 
4. 2018/01~2018/12  【助成団体からの研究助成金】『生体内環境変化にともなう胆汁酸分子種の可視化』(研究代表者)2,000,000円 
5. 2019~2022  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『シュワン細胞の発生・成熟における硫酸化糖脂質の生理的意義の解明』(研究代表者) 
■ 受賞履歴
1. 2006/03 American Society for Neurochemistry ASN 2006 Young Investigator Educational Enhancement Award
2. 2014/05 櫻根啓子賞
■ 研究の専門分野
神経科学一般, 解剖学 (キーワード:オリゴデンドロサイト、ミエリン、硫酸化糖脂質、多発性硬化症、O4)