(最終更新日:2024-01-19 13:51:13)
  シオジマ イチロウ   SHIOJIMA ICHIRO
  塩島 一朗
   所属   関西医科大学  内科学第二講座
   職種   教授
■ 専門領域
循環器内科学
■ 学歴(略歴)
1. 1980/04~1986/03 東京大学 医学部 医学科 卒業
2. 1993/04~1997/03 東京大学 大学院(博士課程) 医学系研究科 博士課程修了
■ 所属学会等
1. 日本循環器学会
2. 日本心臓病学会
3. 日本内科学会
4. 米国心臓病学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 症例報告  透析液,抗凝固剤などによる多種薬剤アレルギーが疑われた一例 2022/09
2. 症例報告  心室中隔欠損術後遠隔期に右心不全管理に難渋した1例 2021/12
3. その他  【心不全治療のニューパラダイム】心不全のPrecision medicine 2021/11
4. 原著(症例報告除く)  Serum Angiopoietin-Like Protein 2 and NT-Pro BNP Levels and Their Associated Factors in Patients with Chronic Heart Failure Participating in a Phase III Cardiac Rehabilitation Program 2021/09
5. 原著(症例報告除く)  Influence of different physiological hemodynamics on fractional flow reserve values in the left coronary artery and right coronary artery 2021/08
全件表示(68件)
■ 著書
1. その他  「サイトカインが急性心不全の病態に関係するようですが、サイトカインに対する治療はありますか」「心不全診療Q&A(北風政史編)」 2012
2. 部分執筆  「異種移植に対する研究も進められていると聞きますが、現状を教えてください」「心不全診療Q&A(北風政史編)」 2012
3. 部分執筆  「肥大型心筋症患者が突然死をおこすことがありますが、予測可能でしょうか」, 心不全診療Q&A(北風政史編) 2012
■ 学会発表
1. Impact of early Tolvaptan treatment for very elderly patients with heart failure and chronic kidney disease (ポスター掲示,一般) 2107/04
2. 肺静脈閉塞症(PVOD)を合併した3型肺高血圧患者に対する薬剤調整に難渋した一例 (口頭,一般) 2023/09/02
3. Empagliflozin protects against heart failure through inhibition of inflammatory responses mediated by bone marrow-derived Macrophages in mice. (口頭,一般) 2023/07/13
4. 減量代謝改善手術前後での体組成変化とフォリスタチンの関連について (口頭,一般) 2023/05
5. 両側副腎腫大を契機にCushing病と診断された糖尿病の1例 (口頭,一般) 2023/03/04
全件表示(400件)