(最終更新日:2024-03-02 04:55:06.988655)
  コバヤシ ヨシキ   KOBAYASHI YOSHIKI
  小林 良樹
   所属   関西医科大学 
   職種   准教授
■ 専門領域
呼吸器・アレルギー内科 感染症内科 気道内科
■ 職歴(略歴)
1. 1999/05~2000/05 京都大学医学部附属病院
2. 2000/06~2001/03 高槻赤十字病院
3. 2001/04~2004/04 高槻赤十字病院
4. 2004/05~2005/05 秋田大学医学部附属病院
5. 2005/06~2009/03 高槻赤十字病院
全件表示(9件)
■ 公的委員会・協会等
1. 科研費審査委員/日本学術振興会 審査委員
■ 所属学会等
1. 日本内科学会
∟ 総合内科専門医
2. 日本アレルギー学会
∟ 指導医
∟ 専門医
全件表示(16件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 症例報告  Omalizumab is effective for a patient with pollen-food allergy syndrome who experienced intractable lip edema 2023/10
2. 原著(症例報告除く)  Long-term sublingual immunotherapy provides better effects for patients with Japanese cedar pollinosis 2021/08
3. 原著(症例報告除く)  Omalizumab restores response to corticosteroids in patients with eosinophilic chronic rhinosinusitis and severe asthma 2021/06
4. 原著(症例報告除く)  Corrigendum to "The multiple functions and subpopulations of eosinophils in tissues under steady-state and pathological conditions" [Allergol Int 70 (2021) 9-18] 2021/04
5. 原著(症例報告除く)  Combination therapy with lenvatinib and radiation significantly inhibits thyroid cancer growth by uptake of tyrosine kinase inhibitor 2021/01
全件表示(108件)
■ 著書
1. 部分執筆  分子標的治療薬/阻害剤ライブラリー「免疫・アレルギー疾患の分子標的と治療薬事典」 2013/04
2. 部分執筆  サイトカイン・サイトカインレセプター測定の臨床的意義「わかりやすい免疫疾患」 2005
■ 学会発表
1. スギ花粉SLIT終了後の長期持続効果 (口頭,一般) 2023/09/29
2. 当科におけるダニスギdual SLITの治療効果の検証 (ポスター掲示,一般) 2023/09
3. Mouse eosinophil-associated ribonuclease-2 (mEAR2) promotes airway hyperresponsiveness and lung inflammation in the house dust mite induced allergic asthma model (口頭,一般) 2023/08/26
4. スギ花粉 SLIT5 年治療後の持続効果の検討 (口頭,一般) 2023/04/15
5. Type 2 炎症における Galectin-1 の発現とその機能 (口頭,一般) 2023/04/14
全件表示(184件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2008/04~2009/03  【助成団体からの研究助成金】『ステロイド機能発現におけるキナーゼの役割』(研究代表者) 
2. 2012/04~2014/03  【科学研究費助成事業】若手研究B『喘息におけるステロイド抵抗性メカニズムの解明と臨床応用への挑戦』(研究代表者) 
3. 2014/04~2016/03  【科学研究費助成事業】若手研究(B)『好酸球性副鼻腔炎合併喘息の病態解明とAirway Medicine確立への第一歩』(研究代表者) 
4. 2016~2018  【科学研究費助成事業】基盤研究(C)『好酸球性気道炎症の治療ターゲットとしてのステロイド受容体の局在と機能の解析』(研究代表者) 
■ 研究の専門分野
呼吸器内科学, 膠原病、アレルギー内科学, 耳鼻咽喉科学