(最終更新日:2024-06-07 16:22:08)
  タニグチ シンイチロウ   TANIGUCHI SHINICHIRO
  谷口 愼一郎
   所属   関西医科大学  整形外科学講座
   職種   准教授
■ 所属学会等
1. 日本整形外科学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Lumbar lordosis restoration by minimally invasive short-segment fusion with anterior column realignment for adult spinal deformity: minimum 2-year follow-up 2024/02
2. 原著(症例報告除く)  Surgical approaches and short-term results of circumferential minimally invasive correction surgery for adult idiopathic scoliosis 2023/10
3. 原著(症例報告除く)  New Effective Intraoperative Techniques for the Prevention of Coronal Imbalance after Circumferential Minimally Invasive Correction Surgery for Adult Spinal Deformity 2023/08
4. 原著(症例報告除く)  Visualization of axonal and volume currents in median nerve compound action potential using magnetoneurography 2023/08
5. 原著(症例報告除く)  腰仙椎低侵襲多椎間固定術におけるL5/S1局所前彎及び骨癒合不全危険因子の検討 2023/08
全件表示(124件)
■ 著書
1. 部分執筆  腰椎変形性脊椎症(脊柱管狭窄症を含む)「今日の治療指針 2014年版」 2014
2. 部分執筆  VII.くすりを使わず痛みをコントロールする.54.牽引はどのように行うのですか?「運動器の痛みをとる・やわらげる―現場で使えるペインコントロール―.」 2012
3. 部分執筆  VIII.どこで手術に踏み切るか.61.頚椎症性脊髄症における手術のタイミングを教えてください.「運動器の痛みをとる・やわらげる―現場で使えるペインコントロール―」 2012
4. 部分執筆  脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 術中脊髄モニタリングにおける波形変化とMMT低下の関係-脊椎脊髄病学会モニタリング委員会による前向き多施設調査-「脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書」 2011
5. その他  脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 難治例に対する術中脊髄モニタリング-脊椎脊髄病学会モニタリング委員会による前向き多施設調査-「脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 平成21年度 総括・分担研究報告書」 2010
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. bending back after rod application in CMIS for adult spinal deformity (ポスター掲示,一般) 2024/05/25
2. 思春期特発性側弯症における脊椎手術支援ロボットの有用性 ―透視下挿入法との比較― (ポスター掲示,一般) 2024/05/25
3. 成人脊柱変形に対してACRを用いた低侵襲手術でshort fusionを達成できる条件 (ポスター掲示,一般) 2024/05/25
4. 成人脊柱変形術後PI-LL>10°を許容できる患者の特徴とは? (ポスター掲示,一般) 2024/05/25
5. 成人脊柱変形術後PJK予防においてルスリー分類より適切なterminal rod contourが重要である (ポスター掲示,一般) 2024/05/25
全件表示(533件)
■ 医療上の専門領域
整形外科