(最終更新日:2024-01-19 13:53:39)
  タカギ マサヒコ   TAKAGI MASAHIKO
  髙木 雅彦
   所属   関西医科大学  内科学第二講座
   職種   診療教授
■ 専門領域
循環器内科学 臨床不整脈学
■ 所属学会等
1. 日本内科学会
2. 日本心臓病学会
3. 日本循環器学会
∟ 近畿地方評議員
∟ 特別会員(FJCS)
全件表示(19件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 総説  不整脈の診療―診断・治療の最新動向―:遠隔モニタリングによる心臓植込み型デバイスの管理 2022/01
2. 原著(症例報告除く)  Multicenter study of the validity of additional freeze cycles for
cryoballoon ablation in patients with paroxysmal atrial fibrillation. 2019/01
3. 原著(症例報告除く)  Gender Differences in Patients with Brugada Syndrome and Arrhythmic Events: Data from a Survey on Arrhythmic Events in 678 Patients. 2018/10
4. 原著(症例報告除く)  Fever-related arrhythmic events in the multicenter Survey on Arrhythmic Events in Brugada Syndrome. 2018/09
5. 原著(症例報告除く)  Efficacy of Endocardial Ablation of Drug-Resistant Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome. 2018/08
全件表示(17件)
■ 著書
1. 部分執筆  心室細動「循環器診療コンプリート不整脈」 2021/09
■ 学会発表
1. 心タンポナーデの血行動態評価に右心カテーテル検査が有用であった1例 (口頭,一般) 2021/12/11
2. コントロールに難渋した重症大動脈弁狭窄症合併HFrEFに対し、術前バルーン大動脈弁形成術が有効だった一例 (口頭,一般) 2021/07/03
3. 心嚢液貯留により発覚した感染性心内膜炎の一例 (口頭,一般) 2021/07/03
4. 心房細動波のundersensingの為心房ペーシングとなり、ペーシング閾値も測定不能であったDDDペースメーカ植え込みの一例 (ポスター掲示,一般) 2021/02
5. Long-term prognosis in patients with non-type 1 Brugada ECG: Results from a large Japanese cohort of Brugada syndrome. (ポスター掲示,一般) 2020/08
全件表示(22件)
■ 講師・講演
1. 2007 Fluctuation of ECG and Risk Stratification in Brugada Syndrome(International Academy of Cardiology. 13th World Congress on Heart Disease Annual Scientific Session 2007,講師)
2. 2007 日本におけるBrugada症候群の特徴-JIVFS studyより-(第55回日本心臓病学会,基調講演)
3. 2008 Clinical and Electrophysiological Differentiation of Symptomatic and Asymptomatic Patients with Brugada Syndrome(第72回日本循環器学会,パネリスト)
4. 2008 Clinical Characteristics and Risk Stratification in Brugada Syndrome(International Academy of Cardiology. 14th World Congress on Heart Disease Annual Scientific Session 2008,講師)
5. 2008 本邦におけるBrugada症候群の実態-特発性心室細動研究会より-(第25回日本心電学会,基調講演)
全件表示(46件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2016/04~  【科学研究費助成事業】基盤研究C『単極記録型ホルター加算平均心電図の開発とJ 波症候群における有用性の検討』(研究代表者) 
2. 2017/04~  【厚生労働科学研究費】『ブルガダ症候群における心臓突然死のリスク予測モデルの構築と診療応用のための研究』(研究分担者) 
■ 医療上の専門領域
循環器内科 臨床不整脈 ブルガダ症候群