(最終更新日:2023-01-28 05:05:06.618645)
  キナシ タツオ   KINASHI TATSUO
  木梨 達雄
   所属   関西医科大学  附属生命医学研究所分子遺伝学部門
   職種   教授
■ 資格・免許
医師  医学博士
■ 専門領域
免疫学・分子生物学
■ ホームページ URL
   http://www3.kmu.ac.jp/molgent/index.html
■ 学歴(略歴)
1. 1978/04~1984/03 山口大学 医学部 医学科 卒業
2. 1986/04~1988/03 京都大学 大学院(博士課程) 医学研究科 博士課程修了
■ 所属学会等
1. 1994/01~ 日本免疫学会
∟ 評議員
2. 1998/08~ 日本分子生物学会
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Kindlin-3 disrupts an intersubunit association in the integrin LFA1 to trigger positive feedback activation by Rap1 and talin1 2021/06
2. 原著(症例報告除く)  Effect of Learning Dataset for Identification of Active Molecules: A Case Study of Integrin αIIbβ3 Inhibitors 2021/03
3. 総説  インテグリン創薬から考える一回膜貫通型タンパク質における創薬ストラテジー 2020/10
4. 総説  MST1/2 Balance Immune Activation and Tolerance by Orchestrating Adhesion, Transcription, and Organelle Dynamics in Lymphocytes 2020/05
5. 総説  【ジーンハンティングによる炎症・免疫研究の発展】IL-4およびIL-5の遺伝子クローニング 2020/04
全件表示(45件)
■ 学会発表
1. 白血球インテグリン接着のメカニズムと炎症性腸疾患への応用 (口頭,特別講演・招待講演など) 2019/08/02
2. Roles of Rap1 signaling in immunodeficiency and autoimmunity. (口頭,特別講演・招待講演など) 2018/12/02
3. Rap1 signaling to NDR1 kinase regulate immune synapse formation and cell polarity. (口頭,特別講演・招待講演など) 2018/11/02
4. Roles of Rap1 signaling in immune synapse formation and self-tolerance (口頭,特別講演・招待講演など) 2015/12
5. Regulation of Lymphocyte “Stop and Go” via LFA-1 and ICAM-1: Lymphocyte Trafficking Analysis using Live Imaging Techniques (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2013/10
全件表示(25件)
■ 講師・講演
1. 2004 Regulation of immune cell trafficking by Rap1/RAPL(The Awaji International Forum of Infection and Immunity,特別講演・記念講演)
2. 2005/12 Regulation of lymphocyte adhesion and cell polarity by RAPL signaling(第35回日本免疫学会,特別講演・記念講演)
3. 2006/01 Roles of Rap1-RAPL in Chemokine-Mediated Immune Cell Migration(Keystone Symposia,特別講演・記念講演)
4. 2006/05 Roles of Rap1-RAPL signaling in immune cell trafficking(20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology,特別講演・記念講演)
5. 2006/12 Regulation of integrin-dependent immune cell trafficking by RAPL signaling.(日本分子生物学会2006フォーラム,特別講演・記念講演)
全件表示(10件)
■ 研究資金受入れ状況
1. 2009/10~  【科学技術振興機構研究費】『接着制御シグナルの破綻と自己免疫疾患』(研究代表者)199,678,000円 
2. 2013/04~2016/03  【科学研究費助成事業】基盤研究(B)『Rap1シグナルと哺乳類Hippoによる細胞接着と増殖の統合的制御』(研究代表者) (キーワード:Rap1、Hippoシグナル 、Mst1 、 インテグリン 、 リンパ球)
3. 2017/06~2019/03  【科学研究費助成事業】挑戦的研究(萌芽)『一分子計測によるリンパ球動態制御法の開発』(研究代表者) (キーワード:免疫学、インテグリン、一分子計測、免疫シナプス、ケモタキシス)
■ 受賞履歴
1. 2005/12 日本免疫学 第8回日本免疫学会賞
■ 研究の専門分野
免疫学, 分子生物学 
■ 研究手法
分子生物学的手法を用いた免疫細胞動態制御学