(最終更新日:2024-07-22 14:55:11)
  アオキ ノブアツ   AOKI NOBUATSU
  青木 宣篤
   所属   関西医科大学  精神神経科学講座
   職種   講師
■ 専門領域
精神神経科
■ 学歴(略歴)
1. 2017/04~ 関西医科大学大学院 精神神経科
■ 公的委員会・協会等
1. 2014/02/14~2019/02/14 日本若手医師の会 日本若手医師の会 Link
2. 2014/04/01~ 近畿ECT連絡会 世話人 Link
3. 2015/05/21~ 公益財団法人 滋賀八幡病院 理事会 理事
4. 2016/05/15~ 日本総合病院精神医学会 電気けいれん療法 委員会 委員 Link
5. 2020/01/14~ 大阪てんかん研究会 幹事 Link
■ 所属学会等
1. 2012/06 日本神経精神薬理学会
2. 2012/11~ 日本総合病院精神医学会
3. 2013/04~ 日本精神神経学会 Link
4. 2016/04 日本認知症学会 Link
5. 2016/05 日本臨床精神薬理学会
全件表示(8件)
■ 学術雑誌掲載論文
1. 原著(症例報告除く)  Optimal dose for the efficacy of asenapine in patients with schizophrenia: Real-world data 2024/03
2. 総説  電気けいれん療法における発作誘発困難例への対応法に関する文献レビュー 2024/01
3. 総説  【電気けいれん療法(ECT)と経頭蓋直流電気刺激(tDCS)の最先端】電気けいれん療法の臨床研究(けいれんの質) 2023/10
4. 症例報告  ECT施行中に脳波の徐波化を呈した症例 2022/11
5. 原著(症例報告除く)  Divergence of dose-response with asenapine: a cluster analysis of randomized, double-blind, and placebo control study 2022/06
全件表示(17件)
■ 著書
1. 部分執筆  Ⅲ 薬物治療学各論 Ⅲ-5 他の薬物, 治療 4 電気けいれん療法「専門医のための臨床精神神経薬理学テキスト」 2021/03
2. 部分執筆  ChapterⅡECTの治療計画 
3. ECTの治療計画 通算回数,頻度,刺激条件など「ECTグッドプラクティス 安全で効果的な治療を目指して」 2020/06
3. 翻訳  「〈電気ショック〉の時代 : ニューロモデュレーションの系譜」 2018/02
■ 学会発表
1. ECTの臨床を包括的に定量化するECTレジストリの構築とその検証 (ポスター掲示,一般) 2024/07/26
2. 関西医科大学精神神経科におけるpaliperidone12週間隔投与持効性注射製剤の使用実態調査 (口頭,一般) 2024/07/20
3. 電気けいれん療法コース中に脳波の徐波化を呈した一例 (口頭,一般) 2024/07/20
4. 電気けいれん療法後の循環動態にアトロピン使用が与える影響に関するメタアナリシス (ポスター掲示,一般) 2024/05/26
5. University of New South Walesでの海外研修報告 (口頭,特別講演・招待講演など) 2024/05/25
全件表示(79件)
■ 受賞履歴
1. 2019/12 日本総合病院精神医学会 第32回 日本総合病院精神医学会総会 ポスター優秀賞
2. 2020/04 一般財団法人 加多乃会 藤原登美子賞
3. 2020/06 日本精神神経学会 第116回 日本精神神経学会学術総会 優秀発表賞 Link
4. 2020/12 日本総合病院精神医学会 第33回 日本総合病院精神医学会総会 最優秀ポスター賞 (ECTにおける各背景因子が発作の質におよぼす影響についての後方視研究) Link